翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

翻訳に役立つツール群(十人十色勉強会を経て)

昨日(10月26日)、翻訳勉強会「十人十色」の第二回勉強会に出席してきました。

その中で紹介された各種ツール群を、ここに記録しておきます。自分用の備忘録です。

1) VxGrep

ファイル入手先:DR-X Web Page

PDFやMS Officeのファイル群を束ねて検索を掛ける事が出来るツールです。例えば、用語集や参考資料が複数ファイルで提供された場合、この VxGrep を使って一括検索すると、該当箇所の抽出がスピーディに行えます。VxGrep は VxEditor に同梱されているツールですので、VxEditor をダウンロードして利用する事になります。

2) AutoHotKey

ファイル入手先:AutoHotKey

キー操作やマウス操作の組み合わせをマクロ化したり、それをキーやマウスボタンにアサインしたり、色々な省力化や自動化に利用できるようです。

3) ApSIC

ファイル入手先: ApSIC

これは私もかなり以前にダウンロードしていたものの、全く使っていなかったもの。

4) DYNA

ファイル入手先: だいなファイラー DYNA

キーボード操作のみで作業が出来るファイラーソフト。マウスを触らないので作業効率を上げられます。

5) のどか

ファイル入手先:applet

キー操作の組み合わせを、別キーにアサイメントしたり、アサイメント自身を変更・登録できるソフトのようです。

私が実際に業務に使用しようと考えているのは、VxGrep, AutoHotKey, DYNA です。特に AutoHotKey は色々な作業の自動化・単純化に大きく役立ちそうですし、AutoHotKeyを持たないユーザーへも EXE 方式で供給できるというのは、とても使えます。DYNA は、エクスプローラーでマウス操作をごちゃごちゃしながら作業しているよりスピーディに作業ができそうですので、少し検討をしてみるつもりです。使いこんできたら、使い勝手や使い方の情報、スクリプト情報を公開していこうと思います。

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。