翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

2019年そろりそろり

年が明け、2019年。さて、今年はどんな年になるでしょうか。

昨年掲げた目標は「ざっくりやらない」。これは本業の影響を受けての目標だったのですが、さらに本業で大きな変化があったことを受けて、あまり上手くいきませんでした。もっとも、限られた時間の中で物事を一歩でも前へ進めていくためには、ざっくりとやらなければならない時期も必要なので、致し方なしと考えています。今年こそは、その体制を立て直す年だと位置付け、再び「ざっくりやらない」を目標に活動していきたいと思います。

業界活動は「翻訳チェック」と「WildLight」が2本柱になると予測したとおりの結果でした。さて、今年はどうなるでしょうね。翻訳チェックの話は既に多くの方に聞いていただいているので、昨年で打ち止めと考えています(が、既に打診をいただいています(汗))。

当面、自分で研究したいテーマや今までやってきたことのまとめ作業など、やりたいことがいろいろあるので、そこに力を入れていきたいです。時間管理を今一度見直して、効率的にやっていきたいですね。

それから当ブログですが、いつの間にか差し障りのない真面目な記事だけを書く場所になってしまったので、今後は昔のように思い付きのネタも記事にして書いていきます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

広告

作成者: Terry Saito

二足の草鞋を履く実務翻訳者です。某社で翻訳コーディネーター、社内翻訳者をやっていました。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。