翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


コメントする

SFAOS「WildLightの翻訳活用術」報告

3月4日(土)にサン・フレアアカデミーで開催されたオープンスクールで、「WildLightの翻訳活用術」というタイトルのクラスを持たせていただきました。

受講生は、個人翻訳者から翻訳会社の方、そして訳書を出版されているベテラン翻訳者から翻訳の学習を始めたばかりの方までいろいろな層の方々でした。今年のオープンスクールは全体的に受講者数が少ないとサン・フレアアカデミーの方は話しておられましたが、その影響か、私のクラスの受講者も例年より少なく、小さな部屋での授業となりました。

実はこれが私には初体験。いつもは受講者全員が前方に投影された同じPC画面を見ており、私はみんなの顔色や反応を見ながら、レーザーポインターを使って話をするのです。でも今回は、受講者は自分のテーブルにあるモニターを見ていて、そして私も自分の前にあるPC画面を見つつマウスポインターを使って説明する。なので、いまひとつ皆さんの反応が分からないのですよ。でも、受講者との距離が近いという利点もあるので、なるべく皆さんと会話するようにして、そのギャップを埋めるようにしましたが、今度は時間管理がうまくいきませんでした。ここは大きな反省点です。教室の規模と施設によってアプローチを変えなくてはいけないというのが、今回の私の学びですね。今後のセミナーで生かしていきたいと思います。

早々にアンケートが返ってきましたが、本人の落ち込みに反して、概ね良い結果だったようで安堵しています。また受けたいという意見とか、時間が短すぎるので3時間くらいのコースが欲しいという意見もありました。早速ブログ経由で連絡をくださった方もおります。

それぞれのレベルで、翻訳という仕事の効率化や精度アップにWildLightを役立てていただけると嬉しいです。

WildLightを高度に使いこなす上で必要となるワイルドカードのセミナーが、4月23日(日)東京ほんま会主催で行われます。「ワイルドなセイキの対決! ワイルドカードVS正規表現セミナー」ですが、ワイルドカードの説明は私が担当させていただきます。事前アンケートで、やりたいことや困っていることを聞かせていただき、それをセミナー内の実習例題として解決していくスタイルにする予定です。

なお、セミナーに参加されない方でもアンケートにご回答いただけます。実習問題を作成するためにご協力いただけますとありがたく思います。以下のリンクをクリックしてご回答ください。

事前アンケート:https://goo.gl/LAfgLg


コメントする

【再演】5/22日:誰も教えてくれない翻訳チェック

日本翻訳連盟の「標準スタイルガイド検討委員会」が2017年より「翻訳品質委員会」と名称を変更されました。それにともない、この委員会が企画するセミナーも「JTF翻訳品質セミナー」という名称になりました。

来る5月22日(月)に、この「JTF翻訳品質セミナー」の栄えある第一回ということで私が登壇させていただくことになりました。セミナー内容は、昨年の翻訳祭でご好評いただきました「誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」を同じ内容で再演いたします。

2017年JTF翻訳品質セミナー

第1回セミナー  5月22日(月)10:00~12:00

誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~

昨年の翻訳祭で聴講できなかったという皆さんは、是非、この機会に参加をご検討いただけますようお願いいたします。

なお、定員がありますので、興味のある方はお急ぎ申込みをされた方が宜しいです。


翻訳祭終了報告 #2016JTF

今さらの報告になりますが、JTF翻訳祭が終了しました。

今年は、企画実行委員として翻訳祭に関わり、気心の知れた仲間達と作り上げてきました。また、SNSをはじめ多くの翻訳者の仲間が盛り上げてくれました。

昨年、私が感じた「もはやJTF翻訳祭は法人のもの」という危機感を、多くの個人翻訳者の仲間の協力によって、元に、いや、それ以上に戻せたと思います。個人翻訳者の参加数倍増、初参加の方が多くいたと聞いています。本当にありがたいことだと思います。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

一方で、頑張り過ぎて欲張り過ぎてやり過ぎ!という印象もあり(笑)、予測を超える参加者の数と見たいセッションの重複。参加いただいた皆様には、とても窮屈な思いと、不便をお掛けいたしました。ここにお詫びいたします。

このモメンタムを来年へ引き継いでいきたいと思います。運営的にマズかったことも、皆さんからいただいたご指摘も、次回の翻訳祭に生かしていきたいと思います。今年の翻訳祭に懲りず、来年も是非ご参加いただけたら嬉しいです。

さて…私が登壇したセッション「誰も教えてくれない翻訳チェック ~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」ですが、内容は別として、前代未聞のセッションとなってしまいました。

座席定員の二倍以上の方々に入室いただき、会場は、壁側はもちろん、通路も登壇席の前のスペースもすべて人で埋め尽くされ、立ち見や体育座りで聴講いただいた方が多数。300部用意していただいた資料も不足する事態で、聴講いただいた皆様には、本当にご不便をお掛けしました。申し訳ありませんでした。(私のセッションの配布資料は、参加者の皆様にはダウンロードサービスで入手可能になる予定です。)

登壇席から眺める会場は、今までに経験の無い凄い状況で、流石の私も緊張しました。まだ翻訳祭のアンケート結果を受け取っていないので、私のセッションをどう受け取っていただいたのか分からないのですが、参加いただいた方の中には、すでにブログ記事にまとめて公開していただいている方もいて、それらの記事を読む限り、お伝えしたかったことが伝わっていると感じました。

ですので、私があれこれ書かず、これらのブログ記事へリンクを張らせていただきます。

今年は、本当に異例尽くしの翻訳祭となりました。来年も良い翻訳祭にするぞ!


マジか!? #翻訳祭 の申込み締切間近!(11/22日)

気がつけば、11月29日(火)開催のJTF翻訳祭の締切が、明後日の11月22日(火)に迫って参りました。

第26回JTF翻訳祭ウェブサイト

今年の翻訳祭は、例年になくワクワク感が高く、楽しみで仕方がありません。もちろん、企画実行委員として運営に携わっているのもありますが、翻訳者の仲間と作り上げてきた感がハンパないからです。いえ、委員に翻訳者が多いという意味ではないですよ。たくさんの翻訳者の仲間が、SNSなどを通じて、この翻訳祭を盛り上げてくれていることを言っているのです。

ホントにみなさん、強力なサポートをありがとうございます!

参加を迷っておられる方、是非もう一度、ご検討くださると嬉しいです。みんなで作り上げてきた記念すべき翻訳祭です。そこで、お会いしたい。いっしょにお話をしたい。そんな思いです。

翻訳祭でお目にかかりましょう!


JTF翻訳祭 T4S2 へ登壇します #jtf_t4s2

11月29日に開催される日本翻訳連盟主催「JTF翻訳祭」の申込締切(11/22)まで、あと一週間を切りました。

今年は企画実行委員として参画しておりますが、同時に、以下のセッションで登壇させていただきます。

トラック4セッション2
誰も教えてくれない翻訳チェック
~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~

毎度毎度、タイトルの付け方にセンスの無さを感じます(笑)。

今年は久し振りに単独での講演となります。内容はタイトルから想像いただけるように、翻訳チェックについてです。私が社内翻訳者として翻訳に携わるようになり、その後、翻訳会社の中で翻訳を扱うようになって、いつも持つ悩みは「翻訳チェックはどうあるべきか?」ということです(翻訳会社的視点でいえば、どう翻訳品質を保証するかということ)。周りを見渡しても、あれこれ調べてみても、何か共通したガイドラインのようなものがあるわけでもなく、各人各様の考えで翻訳チェックを行っておられるようす。

そうなると、自分で考えざるを得ない訳で、製造業で培った知識と経験をベースに、自分なりの翻訳チェックを考えて実践しています。

この我流の翻訳チェックの考え方は、拙作のワードマクロ「WildLight」のセミナーの中で何度か触れてきました(WildLightが誕生した背景であるから)。私の中では至極当たり前な考え方であるが故に、他の方の役に立つものではないと思っていたのですが、私の話を聞いて何かを掴み取っていただいた方からは「過去に聞いたことがない」「過去の疑問が解消された」「感銘を受けた」などのポジティブな反応をいただき、今年の翻訳祭では、この翻訳チェックだけを題材にセミナーをさせていただこうという決心に至りました。

今回のセッションは、私の我流の翻訳チェックをひとつの例として、チェックの考え方や考慮すべき点、フローを組む上で考えること、そう考えるに至った背景などをお話しする予定です。

ご興味をある方は聴講いただけますと有難く思います。

なお、私のセッション会場が、以下の通り変更になります。(このセッションのみの変更です。)

旧会場:5階 穂高の間
新会場:4階 鳳凰の間

JTFから公式に会場変更のアナウンスがされると思いますので(当日会場でもご案内します)、お間違えのないようにご注意ください。
(この変更に伴い「パネルディスカッション 使われないツールの使い方 ― 十人十色のツール論」の会場が「5階 穂高の間」へ変更となります。)

お蔭様で、参加者事前アンケートから、私のセッションの聴講希望者数が昨年の戸田奈津子さんの講演の希望者数を超える勢いらしく(笑)、かなりの数になると予想されるため、異例の会場変更となりました。参加いただく皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどお願いいたします。


3件のコメント

【報告】福岡翻訳勉強会、無事に終了

一昨日の9月24日に、ももちパレスで開催された福岡翻訳勉強会の「博多で翻訳勉強会」が無事に終了しました。

関係者のTwitter発言がきっかけになって、あれよあれよと講師陣が決定し、福岡翻訳勉強会メンバーの意気込みによって一気に今回のような大きなイベント開催へと繋がりました。本当に素晴らしいイベントに関わらせていただいたことに感謝いたします。(その辺りのいきさつは、こちらの記事を参照してください)

企画段階では、福岡、山口、大阪、東京に点在する関係者をFacebookのグループを使って繋ぎ、イベントについてあれこれと検討しました。SNSが発達した「いま」だからこそ出来たイベントかもしれません。私の中では、エポックメイキング的なイベントだったと感じています。

参加いただいた方は四十数名。途中からは質問が活発に出るなど、皆さんの意気込みを感じることができました。懇親会でお話させていただいた方々の勉強会評価は、とても良かったようです。「この3セッションでこの参加費は安い」と仰ってくださった方もいました。

私を含めた講師陣3名は、特に事前打ち合わせをしたわけでもなく、お互いにタイトル程度の理解でセミナーに臨んだわけですが、トップバッターの小林さんのセミナーを聞くに従い、深井さんも私もそれぞれのセミナー内容が相互に符号していることに気づきました。3つのセッションとも根底に流れる考え方は同じで、あたかも1つのテーマを3つの切口でセミナーにしたような、なんだか3つのセミナーが1つの組曲を成しているような、そんな感じでした。聴講者の方々にも同じ印象を持たれた方がおられたようです。今回はいろいろな意味で、本当に奇跡的な勉強会だったと言えるかもしれません。(東京で開催されている勉強会でも、こんなことはあまり経験ないです)

私自身にとって、福岡は初めて。街並みも素敵で食べ物も美味しく、時間が許されるならもっと滞在したかったですね。機会があれば、また来たいと思います。私のセミナーに関しては、懇親会でいろいろな方から感想をいただき、とても勉強になりました。私の自己評価以上に、お役に立っているようだと言うことが分かりました。11月29日のJTF翻訳祭に向け、自信をいただいたような気持ちです。内容をブラッシュアップする方向性が見えましたので、この気づきを上手くJTF翻訳祭の私のセッションへ反映したいと考えています。(セミナー途中、マシントラブルで泡を吹きましたが(笑))

今回のイベントは、福岡翻訳勉強会メンバーの周到な準備のお陰で、とても楽しい勉強会と懇親会になったと思います。今後もこの勉強会が地元に根付いて継続されていくことを祈っております。この場を借りまして、今回のイベントを企画/運営してくださいました福岡翻訳勉強会メンバーの皆さん、そして会へ参加してくださったすべての方にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


JTF翻訳祭 詳細プログラム決まる

2016年11月29日(火)にアルカディア市ヶ谷で開催される日本翻訳連盟主催「JTF翻訳祭」の詳細プログラムが発表になりました。

今年は、企画実行委員として参画させていただいていますが、クライアントや翻訳会社、それに翻訳者にとっても興味深いセッションばかりだと自負しています。また、今年から通訳に関するセッションも登場し、多くの方の参加をお待ちしています。

さて、私事ではありますが、今回の翻訳祭では5年ぶりに単独で登壇させていただきます。

誰も教えてくれない翻訳チェック
~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~

というタイトルでお話をさせていただきます。

是非、JTF翻訳祭への参加をご検討ください。 


【再告知】博多で翻訳勉強会(2016.9.24)

以前お知らせしましたように、この度、福岡翻訳勉強会のお招きで、9月24日に福岡へ参ります。開催一ヶ月前になりましたので、再告知いたします。

関東地区から深井裕美子さんと私、関西地区から小林晋也さんがそれぞれ福岡入りして、セミナーセッションを行います。セッション内容は以下の通りです。

  • 深井裕美子さん「辞書とコーパス」
  • 小林晋也さん「翻訳支援ツール超入門 ~ その是非を考える」

そして私は「翻訳チェック、そしてWildLight」というテーマでお話をする予定です。内容は「翻訳チェック」が中心です。私が翻訳者として、自分の翻訳物をチェックする上で実施している翻訳品質保証フローと項目を考え方とともに説明する予定です。自分の翻訳物に対してどんな翻訳チェックをすればいいのか良く分からないとか、考え方が確立していないと感じている方に参考にしていただけると思います。また、既に自分なりの翻訳チェックを確立されている方にも参考になるでしょう。WildLightは、そのチェック手段のひとつとして私の使い方を紹介します。

九州地区でこういった翻訳関連の複合セミナーの開催は珍しいと思いますし、関東/関西地区にいても、なかなかありません。九州地区の翻訳関係者の皆様は、是非参加をご検討いただけると嬉しいです。また、他地区の方々も、秋の九州旅行を兼ねてのご参加を検討してみては如何でしょうか?
お席も順調に埋まってきたと連絡を受けていますので、参加を検討されている方は、お早めに。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。

情報源: 博多で翻訳勉強会(2016.9.24)


1件のコメント

【報告】WildLight中級セミナー

2016年8月21日に東京ほんま会主催で「WildLight中級セミナー」を開催しました。

自分の翻訳周辺業務を効率化するために2012年に開発に着手したWildLight。2013年末に翻訳勉強会「十人十色」のワイルドカードセミナーで初めて人前でデモし、参加された方数名の「使ってみたい」という声に後押しされてフリーウェアとして公開して以来、既に3年も経ちました。自己開催でセミナーも始めて試行錯誤してきましたが、やっと「WildLightセミナーカリキュラム」が形として整ってきました。

WildLightセミナーカリキュラム

今回は中級セミナーということで、参加者全員で、簡単な課題を解決するためのワイルドカード実習をし、そして受講者から寄せられた課題をワイルドカードとWildLight特殊コマンドを使った辞書を作成して解決する実習を行いました。流石に脳を酷使したのか、セミナー後に「頭が疲れた」と仰る方もおり、翌日に知恵熱で寝込まなければいいがと心配しました(笑)

今回のセミナーでつくづく感じたのは、やはり、自分がどう課題解決するかの戦略を立て、ワイルドカードや特殊コマンドを記述して、トライアル&エラーを繰り返しながら辞書をつくる実習をすることは、本当にWildLightを使えるようになるためには必要不可欠だなという事です。事前に提示された課題も、完璧にWildLightでカバーできたものもあり、そのアプローチと考え方は、きっと受講者の方が今後WildLightを使う上で役に立つだろうと信じています。

ある程度、使いこなせる方が現れ、要望があれば、上級セミナーを少人数で実施することを考えています。

 


JTFセミナー(村井章子さん)受講報告

8月4日(木)に日本翻訳連盟主催の翻訳セミナーへ参加してきました。登壇されたのは「悪いヤツほど出世する」や「LEAN IN」の翻訳を手掛けられた村井章子さんです。

村井さんがセミナーをされる機会は非常に少ないので、早くから休暇予約し仕事の調整をして万全の体制で受講しました(笑)。事実、村井さんご自身が「今まで3回程しか講演をしたことがない」と仰っていました。今回聴講できて非常にラッキーでした。

講演の内容は、聞きたい話を聞けた!そんな感じで、村井さんのお人柄も手伝って、とても面白く楽しくお話を聞けました。

いつものごとく、私が印象に残ったものを以下に列記しておきます。あくまでも私の解釈であり、村井さんの意図通りでないものを含んでいると思いますので、そのつもりでお読みください。

・翻訳文は、原文を翻訳者が解釈した結果である。故に翻訳者の責任は重大である。

身の引き締まるお言葉です。

・読者の注意力を奪うような訳文にしてはならない。

ストレスなく読めてすんなりと理解ができる、そんな訳文を書かなくてはならないという事ですね。

・原文の解釈を文法に頼ろうとしたときは、概ね解釈を間違っている。

この言葉を聞いたときは「はっ」としました。どうにも原文が理解できずに文法から解釈を試みる場面には、身に覚えがある(笑)。そういう時って、往々にして何かが欠落しているのですよね。深く反省しました。

(8/9日追記) この説明を「文法軽視」と捉える向きもあるようだが、真逆である。翻訳者の常識として「文法は大切である」という前提に立っての発言と私は解釈した。でなければ「はっ!」としようがない。

・辞書は、過去の訳語を集めたもの。自分が相手にしている文章に無条件に合致することを保証するものではない。

「たかが辞書、信じるは馬鹿、引かぬは大馬鹿」を引用されてお話されましたが、まさしくそうですよね。

・基本1500語に形容詞が英語は16%、日本語は4%

つまり英語の形容詞をなんでもかんでも日本語へしてしまえば良いというわけではないということ。日本語として不自然な文章になってしまう。

・電車に乗っていても、中吊り広告や看板などの日本語が気になって飽きないとのこと。

「あれ?」と思う言葉を見つけたら、メモ帳を引っ張りだしてメモをされているそうです。それくらい言葉に敏感であるということが大切なんだと思いました。見習わなくてはいけませんね。

今回のセミナーはDVD化されるのかな?もし、そうなら買っておきたいと思います。