翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


マジか!? #翻訳祭 の申込み締切間近!(11/22日)

気がつけば、11月29日(火)開催のJTF翻訳祭の締切が、明後日の11月22日(火)に迫って参りました。

第26回JTF翻訳祭ウェブサイト

今年の翻訳祭は、例年になくワクワク感が高く、楽しみで仕方がありません。もちろん、企画実行委員として運営に携わっているのもありますが、翻訳者の仲間と作り上げてきた感がハンパないからです。いえ、委員に翻訳者が多いという意味ではないですよ。たくさんの翻訳者の仲間が、SNSなどを通じて、この翻訳祭を盛り上げてくれていることを言っているのです。

ホントにみなさん、強力なサポートをありがとうございます!

参加を迷っておられる方、是非もう一度、ご検討くださると嬉しいです。みんなで作り上げてきた記念すべき翻訳祭です。そこで、お会いしたい。いっしょにお話をしたい。そんな思いです。

翻訳祭でお目にかかりましょう!


いまさらだけど、されどSNS

先日、セミナーでお会いした翻訳者さん。前日夜に夜行バスで四国を発ち上京。セミナーを受講してその夜にまた夜行バスで四国にトンボ返り。このやる気とパワーに、こちらも力をいただきました。

セミナー後にその方と少しだけ立ち話をしたのですが、関西にもたくさん翻訳勉強会があって、セミナーをやってる云々とお話したらご存知ない様子。広島にも勉強会があって頻繁にセミナーをしてますよとお話しすると驚いておられました。

そして話を聞けば、やはりSNSはやっていないらしい。

三年前に「情報格差」という記事を書きました。SNSを使っているのと使っていないのでは、いろいろな事で差が生まれてくる。まさしく、これだなと思ったわけです。その方には、まずはFacebookでも始めては?とお話ししておきました。

きっと、翻訳に関する情報を求めてインターネットを検索する筈なんです。そうするとSNSに存在する翻訳勉強会に必ず行き当たると思うのですよね。なのに入ってこないのは、きっとSNSにハードルの高さを感じたり、インターネット上のコミュニティに苦手意識みたいなもの持っておられるのでしょう。

とりあえず、SNSを情報収集ツールとして利用する。煩わしさを感じるコミュニケーションは避けて、まずは情報を読むだけに徹して利用することから始めるといいでしょう。私がTwitterを利用し始めた理由も「情報収集」でした。慣れてきたら、コミュニケーションをとって他の翻訳者さんと横の繋がりを作る。すると、さらに目にする情報の幅と深さが大きくなり、今までとは違った速度と濃さで自らの翻訳を支えてくれるようになるはずです。


今年のJTF翻訳祭は夢いっぱい

2016_JTF_翻訳祭実行委員メンバーs

今年の第26回JTF翻訳祭は、11月29日(火)に開催されますが、その実行委員に私も加えていただきました。

この写真は、第一回会合後、懇親会で撮影したものです。実行委員長に古谷理事、そして周りを固めるのは事務局のおふたりと、フリーランス翻訳者・インハウス翻訳者の6名です。そうです、今年の翻訳祭実行委員は「翻訳者」で主に構成されています。「これ、すごくね?」「今年は凄いことになる」、そんな言葉が頭に浮かぶメンバーですよね?

皆さんは昨年の翻訳祭を覚えておられますか?

そして、この写真のメンバーを見て、今年はどんな翻訳祭になるか想像できますか?

実行委員のひとりである高橋聡さんが、御自身のブログに「# 第26回 翻訳祭、始動!」という記事で書かれていますが、日本翻訳連盟は法人会員(翻訳会社等)、個人会員(個人翻訳者)を有する翻訳業界を代表する業界団体ですが、このところの翻訳祭は、個人翻訳者に魅力のないものになっていました。でも、今年は違います。このメンバーで個人翻訳者に魅力あるコンテンツをどんどんと考えて、投入していきます。

今年の翻訳祭は、記念すべき回になると思いますよ。見逃せないと思いますよ。ぜひ、皆様もカレンダーの11月29日に花丸を付けて、予定を開けておいてください。そして、会場へ足を運んでください。
共に今年の翻訳祭を盛り上げてまいりましょう。

ご期待ください!

 


翻訳勉強会「十人十色」広島・大阪遠征 2015

管理人のひとりとして私も名を連ねる翻訳勉強会「十人十色」が、今年、広島・大阪へ遠征いたします。
2013年の遠征につづき2回目の遠征となります。(前回遠征の報告記事はこちら!)

  • 10月1日(木) 広島
  • 10月2日(金) 大阪

今回遠征される井口富美子さんのブログ「It’s a Wonderful Life」に詳細情報がありますので、そちらをご参照いただき、是非、ご参加ください。


アメリアのブログで紹介いただきました

昨年12月に開催された拙者のJTFセミナーに関して、アメリア・ネットワークの「アメリア事務局公式ブログ」に紹介記事が載りました。

是非、お読みください。

アメリア事務局公式ブログ「JTF翻訳セミナーに事務局スタッフが参加しました」


注意!貴方の個人情報が漏れている

皆さんはエゴサーチという言葉はご存知でしょうか?

Wikipediaには…

エゴサーチ (egosearching) とは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認する行為のことである。

とあります。また、同時に

自分の知らないところで個人情報が書かれていたり、また、誹謗・中傷されている場合があり、それを発見するためにも定期的にしておいたほうがいい行為とされる…

とも書かれています。

私は前者の目的で、エゴサーチをする事があります。また、応募してくる翻訳者さんを知るために、ネット上で必ず検索を掛けるようにしています。こういう検索をやっていると、思わぬ情報に引き当たる事があります。そして、その経験から翻訳者さんには、後者の目的でエゴサーチする事をお勧めしたいのです。

今回遭遇した事例は、ある翻訳会社のサイトに、翻訳者さんの履歴書や職務経歴書が誰でも閲覧できる状態で置かれていました。発見のキッカケは、ある翻訳者さんをGoogle検索した時に検索結果に出てきたのです。情報の性格上、本名、生年月日、住所、電話番号、学歴などの個人情報がダダ漏れになっていたわけです。(今件はあるルートで連絡して即座に情報閲覧できなくして頂きました。)

故意か事故かに関わらず、思いもしない形で自分の個人情報がインターネット上で閲覧可能になっているのは、恐怖の何物でもありません。こういった情報漏洩を早期に見つけるためにも、翻訳者さんはエゴサーチを定期的に行った方がいいと思います。その検索のキーワードは、以下のようなものを使うと良いでしょう。

  1. 自分の本名
  2. 「PDF」というキーワード
  3. 過去に応募した事のある翻訳会社名
  4. 翻訳者登録サイト名、または会社名

早速、これらのキーワードを使ってググってみて下さい。皆さんの個人情報が無事であることを祈ります。

当該翻訳会社は、情報漏洩させた事を認識している筈です。正義ある翻訳会社であれば、情報漏洩してしまった翻訳者へその旨を連絡し、謝罪すべきだと思います。そういう対応がなされる事を切に願います。


進化しているSNS名刺

昨日、東京ビックサイトで開催された第25回 英日・日英翻訳国際会議の基調講演に行ってきました。

会場では、久し振りにお会いする方や、SNSで繋がってはいるものの実際にお会いするのが初めての方など、短い時間でしたが多くの方とお会いする事ができました。初めてお会いする方とは当然名刺交換をする訳ですが、既にお会いした事のある方も「名刺が新しくなったんです」と新調された名刺を頂きました。

帰宅して名刺を整理をしながら眺めていると、最近頂く名刺の違いに感心させられます。私がSNSを積極的に利用し始めた4年前に頂いた名刺と、最近頂くSNS名刺ではデザインの差も大きいですが、そこに記載されている情報にも大きな違いがあります。特に新調された名刺を下さった方の新旧名刺を比較すると、その差に時代を感じます。

昔はまだSNS名刺という考え方もなく、ビジネスで使用している名刺をそのままSNSコミュニティへも流用しているというスタイルでした。デザインも名刺然としているし、肩書き、名前、住所(!)、電話番号が羅列されているというスタイルです。

SNS名刺の必要性やその内容については拙ブログでも記事にしていますし、他の方もブログ記事にしていますが、そういった情報が徐々に浸透してきたのか、その方のSNSアカウントやブログへ導く情報が記載されていて、SNSコミュニティとの繋がりを強化する役目をしっかりと持ったものが多かったです。これはとても良い事だと思うのです。

SNSがネットワークのハードルを下げてくれたお陰で、今までネットワークに関わりを持たなかった通訳者や翻訳者がSNSへ参加して横の繋がりを持つ機会を持てるようになりました。イベントでの出会いとSNS名刺は、そういったオンラインでの繋がりを現実の世界の繋がりとしてさらに強化してくれます。今までは各個人が「個」として情報収集し判断し、エージェントやクライアントと対峙しなくてはならなかったですが、今や通翻クラスタ・コミュニティの横の繋がりを利用して、情報交換・意見交換する事で我々自身を賢くし、あたかも「集合体」として対峙できるようになってきていると思います。

そう言う意味で「つながり」をより強く確かなものにしてくれるSNS名刺は、ツールとして真面目に考えて行きたいものだという思いを改めて強くしました。

この機会に、皆さんも頂いた名刺を一枚づつ眺めながら、自分の名刺と何が違うのか、良い点は何か?、悪い点は何か?を考えながら見てみると面白いと思います。


イベント参加に先駆けてSNS名刺を持とう

先日のテリラジで話題にした「SNS名刺」。
折角ですので、ブログに記事としてまとめておきたいと思います。

私が推奨しているのは、お仕事用の名刺とは別に、SNS繋がりでお会いする方々と交換する「SNS名刺」を持つ事です。これから、JTFの翻訳祭や来年のIJET-25などイベントが続々と開催されます。そしてそれらイベントで大切なのがネットワーキング。交流会とか懇親会とか、SNSで繋がりのある翻訳業界の人々と出会うチャンスが非常に多くなります。そんな時、「SNS名刺」は実際の貴方とSNSの貴方を繋げる大切な情報ツールになります。

名刺に関する記事は、過去に2度程書いていますので、こちらも参考にして下さい。

私が「SNS名刺」に入れた方が良いと考える情報には以下のようなものがあります。

SNS名刺に載せたい情報

  1. 名前(本名と、あればSNS名)
  2. 本人の写真 or SNSのアイコン
  3. SNSのIDやアカウント名
  4. 携帯電話番号
  5. メールアドレス
  6. 翻訳の分野、言語

写真入り名刺の話しをすると「え〜」という反応が多いのですが、イベント後、数日経って名刺を見返して本人を思い出せる確率は3割(当社比)とかなり低いので、できるならば顔写真入りにした方が効果的です。もし、顔写真が無理ならば、SNSのアイコンを入れておくと SNS上の貴方との繋がりを保てるので、是非入れましょう。
電話番号については、それぞれの考えで家電話でも携帯電話でも選択されれば良いと思いますが、家電話の場合、イエローページ等に登録されている場合は検索の対象になってしまうので、ならば携帯電話の方が比較的安全ではないかと思うのです。私が家電話番号ではなく携帯電話番号を載せている理由は、これです。

あれ?住所は?…と思う方もいるでしょうね。

インターネットやGoogle Map等の発展で、住所という情報は、昔とその意味がかなり変わってきています。昔ならば、相当詳細図な地図がないと場所が特定できなかったですし、そういった地図を利用出来る人は限られていました。でも、現在はスマートフォンでGoogle Mapに住所情報を入力すれば、詳細な地図は出るし、どの建物かも判断出来ます。極めつけは Street view でどんな家に住んでいるか、更にはどんな車に乗っているかまで写真で分かってしまうのです。

こんな環境下で住所をホイホイと掲載して、ホイホイと配布するのは如何なものでしょうか?

実際、名刺の住所がもとで、ストーカー的な事をされた経験を持つ女性の話しを聞いた事があります。だから、住所の取扱いは慎重にされた方がいいと思います。

仕事名刺は住所を記載した方が良さそうですが、SNS名刺は住所無しでもいいと思います。地域が分かるようにしたいのであれば、都道府県に郡区程度の住所で良いのではないかと思います。SNS名刺は、相手が貴方にコンタクトが取れる情報が含まれていれば十分です。それに該当する情報がSNSのアカウント情報ですし、電話番号とメールアドレスです。よって、目的から考えても住所という情報は必要ないと思います。

さぁ、イベントに向けて名刺を準備しておきましょう!

 


情報格差

先日、SNSの繋がりとは全く関係ない特許翻訳者の集りに参加させて貰った。SNSを使っていない翻訳者の方達と接触する機会を以前から欲しいと思っていたので、思わぬところでその機会を持つ事ができて、とてもラッキーだった。

その集まりに出て、SNSで繋がった方達ばかりとの交流を続けてきた私には、一種のカルチャーショックのようなものがあった。

お話が出来たのは数名の翻訳者さん達で、皆さんとは全く面識なし。名刺を頂けたのは一人だけで、他の皆さんは名刺を持っていなかった。翻訳者同士の交流を目的とした会ではなかった事と、相互に知っている翻訳者が多かった(と推測される)ので、止むを得ないところもあるのかもしれない。ただ、この部分だけを捉えても、「同業者と繋がる」という点に置いて意識希薄なのではないか?という疑問を持った。

帰り道にお話させて頂いた翻訳者さんを含め数名の方と話をさせて頂いたが、翻訳の情報収集やコミュニケーションのための横の繋がりを持っていない方が、とても多かった。一体、その辺り、どうしているのだろう?…と、私の視点から見れば疑問に感じる訳だが、知り合いの翻訳者が(余り)いない事が当たり前という感じだった。翻訳の情報や学習は、ネット経由で翻訳学校の情報を得て、セミナーに参加されるなどしてる様子。

業界誌を知らない方がいたり、JTFやJATを知らない人が多かった。TMとMTの差を理解されておらず、全てが「機械翻訳」として理解されている方がいたり、「マクロって、それ美味しいの?」と翻訳周辺の技術にとても疎い方も多く、この辺りの話をしていると、SNSで情報収集している翻訳者さん達とは明らかな「情報格差」が生まれていると感じずにはいられなかった。

お話した翻訳者さんに、ネットの翻訳者コミュニティでは色んなグループが出来ていて、その中で勉強会が盛んに行われている話をしたら、とても興味を持たれていた。すかさず、SNSの世界を紹介しておいた。

SNSの利用に抵抗感を持つ翻訳者さんが存在する事は理解しているが、その理由の多くはコミュニケーションの面倒さにあるのだろうと思う。SNSを単純にコミュニケーションツールと理解しているところが問題なのだと思う。SNSは生きたナレッジデーターベース。そこのところを強調してSNSを勧めた方がいいのだろう。

SNSの使用の有無で大きな情報格差を生み、それによって翻訳に差が出てる可能性が高い。翻訳者とて、新しい流れには敏感に反応し、取り入れて行く姿勢は大切だと思う。

ガラパゴス翻訳者にならないためにも…。


JTF翻訳ジャーナル No.266 2013年7月/8月号

日本翻訳連盟の「日本翻訳ジャーナル」7/8月号が公開されました。

日本翻訳ジャーナル

ダウンロードしてお読み下さい。

7/8月号は、畝川晶子さんにご寄稿頂きました。

役立つ情報満載ですので、是非お読み下さい。