翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


翻訳会社の品質責任

翻訳者は翻訳会社の指示に従って翻訳を行い、翻訳物を翻訳会社に納品する。翻訳会社では翻訳物をチェッカーが確認し、必要に応じて修正や再翻訳を行って顧客に納品する。

ザッと書くと、こんな流れで仕事は進んでいますよね。少し品質的視点に立ち、言葉を補って書いてみると、次のようになります。

続きを読む


まもなく #IJET29 (大阪)

いよいよIJET-29が今週末に迫ってきました。

私は土曜日のセッション「デモで見せます。私の翻訳チェック〜ツールの恩返し〜」で登壇します。

今回は講演のみで、IJETには参加しません。講演が終了したら、その日のうちに帰る予定です。

セッションの配布資料が事前に公開される予定だったのですが、それがかなわなくなったそうなので、どんな話をするつもりなのかを、ざっくりとここに書いておきます。参加要否を判断する材料にしてください。

続きを読む


ふたつの質

6年前の2012年2月に、日本翻訳者協会(JAT)が開催した関西セミナーで「まずは年収500万!~いま、エージェントとの付き合い方を考える~」というセッションがありました。その中で翻訳会社社長のされた発言が、最近、一部のSNSで取り上げられていたので、それをネタに少し書いてみたいと思います。その発言とは…。

「85点の速い翻訳者と95点の遅い翻訳者なら、前者を取る」

続きを読む