翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


海外経験を持つ社内人材の罪

昨年来のセミナーで、顧客には極論、ふたつのタイプしかいないとお話ししています。翻訳のわかる顧客と、翻訳のわからない(言語知識のない)顧客ですが、実際には「この間に翻訳は知らないが中途半端に言語知識のある顧客がいますよね、これが厄介ですよね?」とお話しすると、会場から必ず笑いが起こります。皆さんも同様に苦労されているだなぁというのがよくわかります。

海外赴任を経験したとか、海外を相手にする部署で長年仕事をしていたとか、その背景は様々ですが、業務上のコミュニケーションに困らない程度の言語能力を持っておられる。そんな方々が、海外へ配信する翻訳文書の確認作業や翻訳作業を任されたりする。最近多いのは、定年後の再雇用で言語経験を買われ、そういった仕事に従事されている方です。

こういう方々の一部に見られる傾向は、以下のようなものでしょうか?

  • 外国語に妙な自信を持っておられる。
  • その割にその言語の書物に触れていない。(つまり常識的スタイルを知らない)
  • 文法理解が乏しい。
  • 自分の持つ専門知識(企業方言含む)を翻訳者も当然持っている前提で判断する。
  • 日本文の考え方とスタイルで解釈する。
  • 2言語間で、単語が1対1で対応すると本気で思ってる。
  • 動詞さえも統一されるべきと考えている。
  • 自分の言語センスは絶対だという自負があり、我々の説明を心から理解しようとはしない。
  • 上から目線で命令的かつ断定的。

こういう方々が、プロ翻訳者の翻訳した翻訳物に赤を入れ、(間違った)修正を加えて利用しているのです。勿論、それがその会社の社内で閉じているならば、我々の知ったことではないので結構なのですが、時として「あの翻訳会社の翻訳は酷い」とか「あの翻訳者の翻訳は酷い」という謂われない悪評となってその会社の中に広まり、最悪、依頼止めされるといった事態になることもあります。

これは、依頼する側、依頼される側の双方にとって不幸の何ものでもありません。

問題のひとつは、その企業の判断基準が(素人の)「言語を知っている人」になっていることです。その担当者の上司も、自分で判断できないため、担当者の判断に依存せざるを得ないことも原因のひとつでしょう。また、以前役職にあった年上の再雇用者が担当者だったりすると、物申しづらいという背景が、上司の判断を狂わせているのかもしれません。どちらにしても、いち企業の判断としては、お粗末としかいえません。

ここでクライアント企業に理解しておいていただきたいのは、以下のことです。

  • 言語を知ってる程度の知識では、翻訳の善し悪しを判断できないこと。翻訳できないこと。
  • 翻訳の善し悪しは、翻訳知識のある人、もしくはターゲット言語で該当する文書に精通した人に行わせること。
  • 翻訳は言葉のプロ、文書のプロの仕事であるということ。
  • 故に訳文の不明点は翻訳者(翻訳会社)に問い合わせること。相談すること。

理解しやすい例を挙げるならば、例えばあなたの部下達が提出する報告書の文章を思い浮かべて欲しいのです。その文章は意図通りの表現になっていますか?意味は正しく通じていますか?日本語を間違っていませんか?回りくどくて分かりづらかったりしませんか?

我々のネイティブ言語である日本語でさえ、文章品質にバラツキが生まれるのです。もし、これをプロのライターに依頼したらどうでしょうか?きっと意図通りで簡潔明瞭な文章となるでしょう。

言語知識を有する(だけの)人間とプロの翻訳者が行う翻訳の違いは、この例のような違いが生まれると考えていただければ良いと思います。

※ ここまで書いたことを逆にすれば、翻訳会社や翻訳者は、何ができなくてはならないのか?を問うていますね。

さて、この辺りの話。結局は「翻訳に対する一般的認識」の問題に帰結するのでしょう。翻訳に携わる我々は、プロの矜持を持ち、それに恥じぬ仕事をし、顧客に説明していくことを心掛けないといけませんね。その努力が我々の翻訳という仕事の価値を一般に認めていただくことになるのだと思います。


JTFジャーナルにセミナー報告が載りました。

2017年5月22日に開催された第一回JTF翻訳品質セミナーの報告が、JTFジャーナル最新号に掲載されました。

JTFジャーナルNo.290:
2017年度第1回JTF翻訳品質セミナー報告
「誰も教えてくれない翻訳チェック ~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」

報告者の三浦さんが、非常にうまく要点を押さえた報告にまとめてくださいました。
(三浦さん、ありがとうございました。)

このテーマによる関東地区での講演は、先日のJAT総会基調講演が最後となりました。なお、関西地区では、来年頭にお話しする機会ができそうです。正式な発表がありましたら、当ブログでもアナウンスいたしますね。


顧客の勝手な判断

翻訳会社から納品される翻訳物のチェックをするのに「チェックしやすいから」「訳抜けが見つかるから」というチェックする側の視点のみで、対訳表のような原稿を作り、空欄の訳文列に翻訳文を入力せよという作業指示で翻訳発注するクライアント企業があるそうです。

翻訳する側の都合は、まったく無視されています。

昨年の翻訳祭で講演した際、同様の質問をいただいた記憶があります。「チェックするときに対訳表にするのであれば、翻訳する前に対訳表形式にして、そこに翻訳すれば効率的ではないか?」という趣旨の質問だったと記憶していますが、翻訳の質に影響するから避けるべきという回答をいたしました。

続きを読む


翻訳品質保証マトリックス

昨年の翻訳祭、および一昨日開催された第1回JTF翻訳品質セミナーで配布した資料「翻訳者の翻訳品質保証マトリックス」ですが、当ブログで少し補足説明をしておきます。

翻訳会社でやっているであろう「翻訳品質保証計画」や「翻訳品質保証体系」の作成、および「翻訳品質保証工程」の設定で必要となる品質管理項目(品質保証項目)を抽出するために、私は「翻訳品質保証マトリックス」をひとつのツールとして使っています。マトリックスには、翻訳に関わるすべてのものを抽出し、それぞれをどう品質保証するかを定義して記入していきます。その際、項目抽出や保証条件定義のキーとして利用しているのが、5Mや5W2Hです。

翻訳フローの初めから終わりまで、例えば「問い合わせ」を受けてから「納品」「検収」に至るまでに関わるすべてものを、5M(Man, Machine, Material, Method, Measurement)の視点で抽出し、それらが翻訳品質に影響を与えるかの検討と、与える場合は、それらをどのように保証するかを5W2H(What, Who, Where, When, Why, How, How many)を使って定義します。マトリックスを埋めていくことで、翻訳品質へ影響を与えるすべての因子が明らかになり、それらを保証する方向性が見えてきます。 続きを読む


JTF翻訳祭 T4S2 へ登壇します #jtf_t4s2

11月29日に開催される日本翻訳連盟主催「JTF翻訳祭」の申込締切(11/22)まで、あと一週間を切りました。

今年は企画実行委員として参画しておりますが、同時に、以下のセッションで登壇させていただきます。

トラック4セッション2
誰も教えてくれない翻訳チェック
~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~

毎度毎度、タイトルの付け方にセンスの無さを感じます(笑)。

今年は久し振りに単独での講演となります。内容はタイトルから想像いただけるように、翻訳チェックについてです。私が社内翻訳者として翻訳に携わるようになり、その後、翻訳会社の中で翻訳を扱うようになって、いつも持つ悩みは「翻訳チェックはどうあるべきか?」ということです(翻訳会社的視点でいえば、どう翻訳品質を保証するかということ)。周りを見渡しても、あれこれ調べてみても、何か共通したガイドラインのようなものがあるわけでもなく、各人各様の考えで翻訳チェックを行っているようす。

そうなると、自分で考えざるを得ない訳で、製造業で培った知識と経験をベースに、自分なりの翻訳チェックを考えて実践しています。

この我流の翻訳チェックの考え方は、拙作のワードマクロ「WildLight」のセミナーの中で何度か触れてきました(WildLightが誕生した背景であるから)。私の中では至極当たり前な考え方であるが故に、他の方の役に立つものではないと思っていたのですが、私の話を聞いて何かを掴み取っていただいた方からは「過去に聞いたことがない」「過去の疑問が解消された」「感銘を受けた」などのポジティブな反応をいただき、今年の翻訳祭では、この翻訳チェックだけを題材にセミナーをさせていただこうという決心に至りました。

今回のセッションは、私の我流の翻訳チェックをひとつの例として、チェックの考え方や考慮すべき点、フローを組む上で考えること、そう考えるに至った背景などをお話しする予定です。

ご興味をある方は聴講いただけますと有難く思います。

なお、私のセッション会場が、以下の通り変更になります。(このセッションのみの変更です。)

旧会場:5階 穂高の間
新会場:4階 鳳凰の間

JTFから公式に会場変更のアナウンスがされると思いますので(当日会場でもご案内します)、お間違えのないようにご注意ください。
(この変更に伴い「パネルディスカッション 使われないツールの使い方 ― 十人十色のツール論」の会場が「5階 穂高の間」へ変更となります。)

お蔭様で、参加者事前アンケートから、私のセッションの聴講希望者数が昨年の戸田奈津子さんの講演の希望者数を超える勢いらしく(笑)、かなりの数になると予想されるため、異例の会場変更となりました。参加いただく皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどお願いいたします。