翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


昔、英語学習で心掛けたこと

東京ほんま会メンバーと雑談をしていたら、自分が渡米した頃に英語学習で心掛けていたことをボンヤリと思い出した。当たり前のことばかりなのだが、参考にブログ記事にしてみようと思う。

渡米前はまったく英語のE文字(笑)もできなかった人間なので、どうすれば早く英語を習得できるかをいろいろと考えたわけです。

子供はどうやって言葉を学ぶ?

英語漬けの環境という英語学習には最高の環境を手に入れるのだから、有効に活用しようと考えるのは当然ですよね。

目に触れるものや耳から入るものすべてが英語なのですから、きっと赤ん坊が言葉を学ぶ時のようなアプローチが取れるはずと考えました。そもそも我々が赤ちゃんの頃に日本語を学んだのも、見て聞いて会話して相手の反応をみて、イメージとして言葉を理解していったわけです。英語を頭でなく身体で覚えるには、それが必要だろうと考えたのですね。

言葉という厄介なもの

ただ、イメージで理解するには相当量の情報インプットとコミュニケーション、そしてそれらを高速に処理して蓄積できる高性能なプロセッサ(つまり頭の能力(笑))がないと成立しないので、どうしても辞書に頼るしかありません。当時は、研究社新リトル英和辞書の裏表紙と和英辞書の表表紙を両面テープでくっつけて、背をガムテープでガッチリ止めたものを今のスマホ並みに常に持ち歩いていました。

生活のあらゆる場面で辞書が必要になるのですから、これくらいコンパクトでいつでも持ち歩ける辞書の方が都合が良いのです。もちろん、自宅で勉強するときはちゃんとした辞書を使いますし、英英辞書も使います。

分からない単語は片っ端から英和辞書で調べるわけですが、この時、時間の許す限り全部読む。ひとつの適切な解釈に辿り着いても、とにかく全部読む。そうしないと、その言葉のイメージが正しく把握できないからです。日本語で言葉の意味を知っているが故に、辞書にあるひとつの訳語(日本語)に頼ると言葉のイメージを間違えて覚えてしまう。言葉が1対1で対応する事なんてあり得ないですから注意が必要です。規模は違えど今も同じやり方で辞書は全部「読んで」います。翻訳者の方なら多分当たり前にやっていることでしょう。

全部読む目的は他にもあって、「新しい言葉との出会いを大切にする」ことを念頭に置いていたからです。その言葉にまたいつ出会うか分からない。出会いを大切にして可能な限り全部読んで身に付けようと思ったのです。また何度も調べるのは非効率だと思い、一度に全部読んで把握しようと考えていました(実際は何度も調べるんですよ、頭に入らないので。大切なのはそういう意識を持つこと)
(参考:過去記事「辞書を引いたら機会を有効に」)

テレビや本という強い味方

強烈に興味のあるものでなければ「もっと知りたい!」という欲求が生まれませんよね?時にマンネリになったり、やる気を失いがちな言語学習ですから、楽しんで英語が入ってくる方法が理想的。当然、いきなり難しい言葉の連続では頭に入ってこないので、初めの頃はテレビでコメディドラマばかり見ていました。この手のファミリードラマは日常的に交わされる会話が多いので、即役に立つ英語が覚えられて良かったと思います。ジョークも最初は何がおかしいのか分からなかったけど、その言葉の語感が理解できるようになってきたら、とても面白くなりました。もちろん、テレビを見ているときの左手には辞書を常に持っていました。

生きた英語を学ぶとは、決して言葉の意味を計算式のように記憶することはなく、言葉の示すすべてのことをイメージとして捉えられるようになることだと感じています。そういう意味で、テレビってとても良いお友達でした(笑)

マイコン時代からコンピュータは好きで良く触っていたので、在米時代にもコンピュータ雑誌をよく読みました。また、当時のパソコン通信「CompuServe」にもアカウントを持ち、コンピュータ関連のグループも良く読んでいましたね。内容を把握したい、読みたい、知りたいという欲求が英語学習の背中を押してくれました。

これは翻訳者の専門分野を広げる話に繋がるところがあります。自分はこの分野が好き。そういう分野が自分の勝負できる分野になるんですよね。苦労を苦労と感じることなくリソースを注ぎ込んで勉強できるわけですから。

いきなり調べたりしない

仕事や出先ですぐに理解しなくてはならないという状況でない限り、以下の手順で調べていたように思います。

  1. 文章の前後関係から、その言葉の意味を想像する。
  2. その推測が正しいかを英和辞典で確認する。
  3. その言葉の枠組みを把握するために、辞書を全部読む。

テレビを見ているときはどうしたの?という疑問が生まれると思います。テレビの時は以下のようなやり方でした。

  1. 発音で言葉を覚える。
  2. 話しの前後関係から、どういう意味かを想像する。
  3. 発音からスペルを想像して、辞書で片っ端から調べ、推測が正しいかを確認する。
  4. 言葉の枠組みを把握するために、辞書を全部読む。

在米時代はまだまだ若かったのもあり、リテンション力も良かったので、一連の会話を頭の中で再現できました。だから、こんなやり方ができたんでしょう。今の私では無理です(笑)

この「発音からスペル」という流れの学習は、その後、タイプミス防止トレーニングに非常に役立ちました(以前の記事「タッチタイピング」をご参照のこと)。

イメージ把握、そして日本語から言葉の輪郭を追い込む

さてはて、これが正しいアプローチなのかどうかは分かりませんが、私はこんなやり方をして当初は英語を学習していました。翻訳に携わるようになっても、基本的に同じアプローチをとっています。言葉が使われている情景を記憶して、その情景における意味を把握して、そしてその言葉の広がりを知る。

辞書はとことん「読む」。今や電子辞書やスマホに辞書が入る時代。より詳しい記述のある辞書をすぐに読める環境に羨ましささえ感じます。

英語学習をされてる方、あくまで上記は我流なので参考程度に(笑)

広告


共同ブログ「小技の森」スタート

logo_s25月より、有志の翻訳者が共同で記事を執筆するブログ「小技の森」をスタートいたします。

 

ブログ「小技の森」

 

日本翻訳ジャーナルの編集委員を続ける中で、「翻訳者さんたちがそれぞれ好きな記事を書く、共同ブログを作りたいなぁ」という想いを持つようになったのですが、最近、ある翻訳者がSNSに書き込まれた「自分の当たり前ワザ」を他の翻訳者さんが参考にされている姿を見て、「これを題材にしてみてはどうだろう?」と思いつきました。早速、FBで執筆に協力していただける方を募集したところ、ありがたいことに20名もの方に手を挙げていただきました。

まずは、翻訳という仕事では避けて通れないMicrosoft Word/ Excel/ PowerPointやTrados, Felix などの翻訳支援ツール、そしてWindows/ Mac のようなOSに関するちょっと便利な技を記事にしていきます。とはいえ、記事ネタは特に制限していませんので、何でもアリです。翻訳全体へ話題を広げていけたらいいなぁと考えています。

皆さんのお役に立てるようでしたら嬉しいです。



小技の森ツイッター: https://twitter.com/TIPS4Translate


SFAオープンスクール終了

  2月27日にサン・フレアアカデミーで開催されたオープンスクールで「WildLight初級セミナー」を行いました。昨年より参加者が減ることなく、21名もの方に出席いただきました。ありがとうございました。

今回は昨年の反省を踏まえ、WildLightの説明に集中する形を取りましたので、何に使えるか?をイメージし易かったのではないかと思います。

WildLightは、基本的に「検索」「置換」「コメント付け」「ワイルドカード」「特殊コマンド」の五つを上手く構成して、ワードに自動で仕事をさせるツールです。それらをどう組み合わせて「自分のしたい処理をさせるか」「どういう考えに基づいて、その処理結果のスタイルを決めるか?」は、中上級コースになります。(東京ほんま会が主に取り扱います。)

セミナーでは、WildLightの開発動機を「汎用性の高い翻訳チェックツールが欲しかった」からだとお話ししました。しかし、何故、検索・置換機能で実現しようと考えたかは説明していません。ツール開発の前に、翻訳者の能力伸長を殺さず「翻訳者がひとり完結で行える翻訳チェック」の「精度」と「質」を向上させるには、どのような方法が良いか?を検討し、その結果から「Easy to Notice」という方法に決定しました。WildLightは、その考えを具現化する方法として開発に着手し、その結果、検索・置換機能を選択したのです。

ツールにはそれぞれ、特性があります。得手不得手があります。また、そのツールがそういうスタイルになった理由が必ずあります。そういったものをちゃんと理解して、自分の目的に合ったツールを使いたいものです。


JTF翻訳祭に登壇してきました(フォロー記事)

title

2015年11月26日に開催されました日本翻訳連盟主催「翻訳祭」で、翻訳勉強会「十人十色」メンバーによるパネルディスカッション(トラック1セッション2)にパネリストとして登壇してまいりました。思い返せば、1年おきに登壇していることになります(2011年、2013年)。今年は、25周年ということで、あの有名な字幕翻訳者 戸田奈津子さんが登壇されました。これまた何の因果か、我々の裏で(どっちが裏かは不明(笑))講演されるということで、我々のセッションへの参加者数が危惧されましたが、ありがたいことに150名入る部屋がほぼ満席だったと思います。

第25回翻訳祭T1S2-当日

今年のパネルディスカッションは、昨年のパネルディスカッション「新米の上り坂、中堅の曲がり角」の続編という位置付けで、「曲がり角を抜けて、ベテランへ」というテーマで行いました。

boshiyasanothers

昨年と今年の大きな違いは、今回はエージェントの立場の人間(私)を交えたパネルディスカッションであるという点です。モデレータは昨年同様、帽子屋さんこと高橋 聡さん、パネリストには「プロが教える技術翻訳のスキル (KS語学専門書)」の著書で知られる技術翻訳者の大光明宜孝さん、そして「HOMELAND」の字幕翻訳者として有名な仙野陽子さんの計4名です。

90分という時間的制約の中で、会場から質問や発言も多くいただけて、とても有意義なセッションになったと思います。概略は、次号の日本翻訳ジャーナルに掲載されると思いますので、そちらをご参照いただくとして、このブログでは、パネルディスカッションのフォロー記事として、私が伝えきれなかった(伝えようと思っていた)メッセージを記したいと思います。

仕事が途切れるということ ~「クレームについて」

会場では1例しかお話できませんでしたが、「依頼がゼロになる」ケースはいろいろと想像できます。そもそも「クレームは特になかったのに仕事がゼロになった」という言葉は、依頼が止まる前にはクレームがあるという意識の裏返しだと思いますが、そこは認識が間違っていて、依頼が無くなることとクレームとの相関関係は薄いと思います。翻訳を依頼する翻訳者さんを翻訳会社の中でどう位置付けているかにより、依頼が止まる状況は変わってくると思われます。会場で言及したケースですと、その翻訳者の分野案件の受注がパタリと無くなったことが、依頼の止まった原因です。分野がニッチであれば良く発生することだと思います。翻訳会社によって、抱える顧客の違いによって分野の仕事量が違いますので、自分の扱える分野の仕事量が多い翻訳会社を探すとか、取り扱える分野を拡げる努力をする事が、定常的な仕事の確保には大切だと思います。また、この例の翻訳者の場合、御用伺いメールを翻訳会社へ送付したことで、翻訳会社側が長期にわたり仕事を依頼していないことに気づき、内部調整して仕事を依頼する方向に話が進んだということで、「こない、こない」と腕を組んで待つのではなく、何かの機会に連絡をして様子をうかがってみるのも大切なことかもしれません。翻訳会社側の立場でみれば、優秀な翻訳者さんへは積極的に仕事を出したいと考えているものです。ただ、依頼状況をひとりひとり見ているわけでもありませんから、こういうきっかけを与えて気付かせるということも大切だと思います。

他にはこんなケースもあります。ある特有の顧客に対してのみ販売できる品質の翻訳者の場合です。どういうこと?と思われるでしょう。翻訳を購入する顧客の要求品質は、お客様によって様々です。私たち翻訳を仕事にしている側から見て、一種独特な翻訳を要求するお客様もいるわけです。そういう独自の翻訳に対応できる翻訳者の場合、そのソースクライアントが発注をやめた途端に仕事の依頼を失うことになります。一番、翻訳者さんが気になるのは、翻訳品質に問題があって依頼が来なくなるケースだと思います。その場合、はたして翻訳会社は品質に関するフィードバックをくれるでしょうか?答えは多分「No」です。会場からアスカコーポレーションの石岡社長がお話されましたが、「次に依頼しようと考えているから、フィードバックをする」のです。私も全く同意見です。フィードバックに大変な労力を要するのは皆さんが理解されている通りです。企業側から見ると、それは「投資」と全く同じですので、その投資効果が見込めないならばわざわざフィードバックしません。つまり、今後依頼をしないのにフィードバックはしないということです。

じゃぁ、翻訳者側から見たら、なぜ依頼が止まっているのか判断できないじゃないか・・・。という声が聞こえそうですが、だ・か・ら、御用聞きするのです。メールをしてみるのです。その反応である程度は判断することができるでしょう。返信さえないようなら、全く望みなしでしょう。忘れて次へ行きましょう。今後も依頼したいと考えている翻訳者さんが相手なら、翻訳会社も言葉数が多くなるものです。いろいろと状況を説明して理解を求めようとするものです。もし、「お願いできる案件がきたらご連絡します」という平易な乾いた返事がきたら、8割方、依頼する気が無いと捉えた方が良いかもしれません。(実は仲間内で、こういった「翻訳会社の常套句リスト」なるものを作り、その真意を説明するリストを作ってブログで公開しようか?という話になったことがあります(笑))

エージェントを「選ぶ」という発想

これに関しては、今朝ツイートをしたので、それらに加筆してこちらに載せます。

  • セッションで、翻訳会社を選択しようという話しをあまり掘り下げられなかったけれど、あそこで発信しようとしていた情報は実はもっとあって、翻訳会社の言動や行動を見て、その会社(や経営者)の意識と考えを汲み取って優良な翻訳会社のみを残して取引していこう・・・という話をしたかったのです。
  • そして、翻訳会社の選別をする上で、自分なりのスコアリスト(評価表)を作ってみてはどうかと。例えば1)消費税は支払われている。2)振込手数料は会社側負担。3)業務委託時に発注書が必ず送付されてくる。4)ソークラのクレームをそのまま連絡してこない・・・みたいな項目で評価する。
  • 翻訳白書を見ても分かるとおり、規模は別として翻訳会社は多数あるわけです。仕事が安定するまでは相手を選べないでしょうが、安定期を迎えて取引相手に問題があると感じるならば、どんどん新規取引先を開拓して入れ替えていく。そうやって自分の身を守り、位置を高めましょう・・・的話もしたかった。
  • まぁ、ちょっと話は脱線するが、セッション後に話しかけてくれた翻訳者さんに「JTF会員法人でも、消費税?なにそれ?という意識の会社がある」と聞かされて、もう、がっかりを通り越した。これは経営者の問題。勉強不足にもほどがある。JTFも会員にする上での評価項目に盛り込むといいのに。

まずは法令を遵守するコンプライアンスのちゃんとした翻訳会社、そして翻訳のプロである翻訳会社、翻訳者を対等に扱う翻訳会社、といった視点で評価項目を並べ、項目によっては加点法と減点法に分け、その評価リストをベースにして取引する(している)翻訳会社を評価する。そして評価の高い上位何社と取引するというスタイルを考えてみると良いと思います。リストは取引開始前(契約前)に評価する項目を分けておき、トライアル翻訳実施前に問い合わせる項目として、翻訳会社からの回答を得て評価し、トライアル翻訳を受けるかどうかなどを判断するという使い方もいいと思います。

振込手数料は本来、誰が負担すべきなのか?

セッションでは明確な情報出しができず、申し訳なかったと思います。セッション後にした私のツイートに対して、翻訳勉強会「十人十色」の主宰メンバーのひとり、豊田憲子さんが調べてくれましたので、そのまとめ記事をこちらにリンクしておきます。

振込手数料は翻訳会社負担であるべき

タイトルにある通り、振込手数料は翻訳会社が本来負担すべきものという解釈です。また、JTF翻訳ジャーナル279号の私の特集記事「翻訳者の真実」に記載した内容も併せて理解しておいていただきたいので、以下に引用しておきます。

もし、取引先が下請法上の親事業者にあたる場合、「下請事業者と合意することなく、下請代金を銀行口座へ振り込む際の手数料を下請事業者へ負担させ、下請代金の額から差し引くこと。」は「下請代金の減額」に該当する可能性があるようですので、これをひとつのガイドラインとして考えるのも良いかもしれません。(公正取引委員会「ポイント解説 下請法」より引用: http://www.jftc.go.jp/houdou/panfu.files/pointkaisetsu.pdf )

以上がフォロー記事です。

我々のセッション終了後の午後は、機械翻訳推進派の渦中で孤軍奮闘するであろう遠田先生応援のため、「MT Live ~機械翻訳の担うべき役割~」<第2部>を聴講しましたが、いろいろと言いたいこと満載の内容でしたので、別記事にして公開したいと思います。

最後に、我々のセッションを聴講いただいた皆様、ありがとうございました。


JAT「翻訳者の目線」が公開になっています。

日本翻訳者協会(JAT)が毎年発行している「翻訳者の目線」が、今年も公開になっています。

今年、私が寄稿したのは、実は、このブログ記事として下書きして1年以上放置していたものを、若干加筆・修正したものです。

無料でお読みいただけますから、ぜひ、ダウンロードして読んでみてください。

JAT 「翻訳者の目線」