翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


コメントする

翻訳したら勝手に対訳表

翻訳チェックに関するセミナーやWildLightセミナーでお伝えしていますが、私は必ず「対訳表」を作成して翻訳チェックを行っています。翻訳チェックでは、原稿文書と翻訳文書への視野を変化させてチェックを行いますが、対訳表のように原文と訳文を表にすることで細部のミスが認識しやすくなるからです。ただ、その効果を理解しながらも、対訳表作成は時間の掛かる作業という認識が強く、敬遠される方も多いようです。

以前、とあるセミナーの休憩時間に高橋聡さんと雑談をしていて、翻訳作業後に簡単に対訳表作成できてしまうワザを教えてもらったことがあります。既に記憶の彼方にあったこのワザですが、昨日、大阪ほんまかいのWildLight中級セミナーの休憩時間に、ある参加者の方と立ち話をしていて対訳表作成の話になり、ふとこのワザのことを思い出してお話ししたら非常に興味を示されたので、ブログ記事にしておくことにしました。

この方法は、どんな翻訳スタイルでも使えるものではなく、ワード上で原文パラグラフの下に訳文を打ち込んでいくような翻訳スタイルでのみ使えます。

方法は至極簡単で、原文パラグラフのお尻に何かマーク(セパレーター)になるものを入力し、それに続いて訳文を入力します(原文と訳文の間で改行してはいけない)。つまり、[原文]マーク[訳文]という組合せのパラグラフをどんどん作っていき、翻訳が完了したところでセパレーターをTABに置換して、最後にワードの表作成の「文字列を表にする」機能を使って対訳表にします。作業フロー例を書くと、以下のようになります。

  1. 原文パラグラフの最後の文字の後(改行の前)に「●●●●●」を入力し、続いて訳文を入力する。
    • こんな感じ…原文原文原文原文原文原文原文原文原文原文原文原文原文原文●●●●●訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文訳文
  2. すべての翻訳が完了したら、ワードの置換機能を使い「検索する文字列」に「●●●●●」を入力、「置換後の文字列」に「^t」を入力して、「すべて置換」を押す。すると「●●●●●」がTABに置換される。
  3. Ctrl+Aを押して文書全体を範囲指定し、[挿入]→[表]→[文字列を表にする]を選択する。(もしくは、WildLightの機能を使用する。その場合は、[アドイン]→[WildLight]→[辞書管理]→[TAB区切りテキストを表にする]を選択すると一発で対訳表になります。次のステップ4を行う必要はありません。)
  4. 列数を2、文字列区切りにタブを選択して、[OK]を押す。文字列を表にする

以上の手順で、原文と訳文が左右に並んだ対訳表が作成できます。

ほんまかいで質問された方は、原文と訳文の間に改行がないから見辛くなると仰ってましたが、そういう方は、上記手順1で「●●●●●」を入れた後、Shift + Enter を押してソフトリターンしてください。そして手順2の置換では、「あいまい検索(日)」のレ点を外し、「検索する文字列」には「●●●●●^l」を指定してください。

※この記事を公開後、Twitterで翻訳茶さんから以下の指摘を頂きました。

ソフトリターンではなく、通常の改行(ハードリターン)でも良いのでは?

その通りですね。その場合はこうなります。上記手順1で「●●●●●」を入れて改行してください。そして手順2の置換では、「あいまい検索(日)」のレ点を外し、「検索する文字列」には「●●●●●^p」を指定してください。

対訳表作成で一番時間の掛かるアライメントが省けることと、作成の手間も然程掛からないので、翻訳スタイルが合うなら試してみる価値はありますよ。

 


コメントする

8/19日@大阪:WildLight中級講座

気が付けば、8月19日に大阪ほんまかいで開催される「WildLight中級セミナー」まで、2週間あまりとなりました。

日時:8月19日(土) 13:00~16:30
詳しくは、ほんまかいブログまで

会場を広いところに変更されたそうで、お席にまだ余裕があるようです。

関西地区でWildLightセミナーを開催できる機会は非常に限られています。もし、WildLightに興味がありましたら、是非この機会をお見逃しなく。

今回も、大阪のほんまかいスタッフが手厚い技術サポートをしてくれています。中級セミナーといいながらも、初級講座の部分を独習する勉強会を開催してくれたり、中級講座開催日の午前中にも、無料の準備会を開催して、WildLightのインストールを手伝ってくれます(初めての方でも参加できるということですね)。今回の中級講座は、手取足取りのセミナーになりますよ。最初に初級講座のおさらいをしてから、中級の内容に入っていく予定です。中身の濃いセミナーになりそうで、今から楽しみにしています。

 


1件のコメント

EBPocket Professional は使える!

5月21日に開催された翻訳フォーラムシンポジウムにて、「ビジネス技術実用英語大辞典」の生みの親、海野夫妻が少しお話をされました。その中で、EBPockect Professionalというアプリを使えば、iPhoneやiPadで「ビジネス技術実用英語大辞典」を利用できるようになると紹介されていたので、私も早速購入して、iPhoneにインストールしてみました。

img_2516

お値段は600円。これ、かなりお安いと思います。最初から EDICT2 がバンドルされていることと、iPhoneの内蔵辞書が利用できるようになります。ちなみに私の登録辞書は、いまのところ、こんな感じ。

img_2518

まだ、手持ちの辞書をすべて転送していないのですが、すべて導入すれば、仕事に使っている辞書環境を持ち歩けるようになります。EPWING形式はもちろん、PDIC形式の英辞郎も導入できます。辞書の転送にFTPが使えるのも意外と便利。アプリの設定画面に「FTPサーバー」の項目があり、ここで「開始」を選択するとアプリがFTPサーバーの役目を果たしてくれるので、あとはPC側でFTPソフトを立ち上げてiPhoneへ接続し、辞書ファイルを転送するだけ。(ただ、iPhone側がスリープに入ると転送がエラーになるようなので、時々iPhone画面を触って起こしておく。)

img_2515

横向きにも対応していて、普通の辞書アプリのようです。非常に重宝しています。

もし、EPWING形式の辞書をたくさんお持ちなら、導入を検討してみては如何でしょうか?

 

 


企業内で Microsoft Wordの教育を

日々受領する翻訳案件。原稿のファイル形式にはいろいろなものがありますね。マイクロソフトオフィス製品がメインになりますが、ワード、エクセル、パワーポイント、そしてときどきPDFやHTMLなども原稿ファイルとして提供されることがあります。

そういった原稿を眺めていると、ワードで作成した方が遙かに効率的で、その後の文書管理や改訂もやりやすいだろうと思うものに出会います。例えば、翻訳者さんの間でときどき話題になるのは、エクセルシートを方眼紙のようにレイアウトして作成された文書や、パワーポイントを使って作成された文書などです。エクセルを使って規程書や仕様書を作成したものをよく見ますが、1頁が1シートになっていて、おまけに1文章が数セルにボキボキ折られて入力されている。文章の修正や追加が入れば、そのセル内の文字列を修正して行の長さを目視で合わせながら、セル間で文字をカットアンドペースト。さらに、章でも移動になるものなら、その章を他のシートへ移動して1頁の長さを揃えるために他の部分をさらに移動して、そしてさらに…といった具合に複数シートが修正の対象となったりします。また、画像を入れたいからと、わざわざパワーポイントを使って文書作成されているクライアントもいます。すべての文章がテキストボックスに入っているわけで、これも改訂が入ると大変更が必要となり、どちらも作成や改訂に「やたらと工数の掛かる」文書になります。

ワードで作成した方が効率的であるにも関わらず、エクセルやパワーポイントを使用して文書作成してしまう理由には以下のようなものがあるのでしょう。

  1. 昔のワープロ世代はワードが使いづらく感じていて、つい、エクセルやパワーポイントを使ってしまう。(最初から学ぶ気持ちがない。もう歳だし、新しいことが頭に入らないもん)
  2. ワードの使い方を知らない。学ばない。(学ぶべきものという意識もない。)
  3. スペースやタブ、そして文字を打ち込めば、とりあえず見た目は文書になるから、他の機能を知る必要がない。だから、ワードを学ぼうという気持ちにならない。(取りあえず使えてるからいいぢゃん)
  4. ワードを学ぶ機会が無い。(学ぶ必要性は認識してるけど、その機会がない。)
  5. 文書作成にルールがない。(何をやったって自由だ。好きなやり方でやる。)
  6. ライティングの教育がない。(別に行の途中で改行したってOKでしょ?)

もし、ワードの基本的な機能を知っていれば、こういった「やたら工数の掛かる」ファイル形式を選んで文書作成することもなく、ワードで作成されるのではないかと思うのです。

あるお客さんとこの件で議論をしたことがあります。将来、文書改訂があることを分かっている文書や、翻訳が必要となる文書ならば、目的に合わないエクセルやパワーポイントの使用は避けて、ワードによる文書作成がされるよう社内教育された方が良いですよとアドバイスしました。しかし、お話を伺ってみれば、企業内にマイクロソフト製品の研修制度を持っていても、エクセルやパワーポイントの研修はあってもワードの研修は無いのだそうです。このことは逆に捉えれば、企業内で文書作成や文書管理に掛かる工数(費用)を認識しておらず、また、そのことの重要性を認識していないということになります。結構、根の深い問題なのかもしれないと感じました。

企業内で文書を作成・管理する部門の方にお願いしたい。文書作成する全社員にワードの研修も是非受けさせて欲しい。もしくは受講できるワード研修を提供して欲しい。文書作成の工数が削減されるだろうし、改訂などによる管理工数も削減することでしょう。さらに翻訳に掛かる費用も安くなるはずです。是非、ご検討を。

 

[関連記事] エクセルを文書作成に使うな


SimplyTermsセミナー受講報告

今日、翻訳フォーラム・レッスンシリーズ第5弾「翻訳に活かすSimplyTerms」を受講してきました。

SimplyTermsは、産業翻訳者である井口耕二さんが開発された翻訳支援ツールで、私も本業で利用させていただいていました。なぜ過去形で書いたかというと、現在は拙作WildLight単独、もしくはTradosとWildLightの組合せで運用しているからです。私の場合、翻訳チェックに主眼を置いたツール運用を検討していて、以前はSimplyTermsを利用して、エクセルやパワーポイントファイルからテキストを抜き、ワードへ持ち込んで(当時、まだxlsやpptからテキスト抜きができなかった)WildLightでチェックをするというスタイルを取っていました。

今回、このセミナーを受講したのには3つの理由があります。1)SimplyTermsの主要機能をちゃんと把握したかった(ヘルプをちゃんと読めという話もある)。2)開発者である井口さんが行うSimplyTermsセミナーは、滅多に受講できないこと。3)WildLightへ適用できるアイデアの収集目的。内容は期待通りのセミナーでした。

[共感したこと]

  • 「人が頭を使わない作業は、コンピュータにやらせる。」という考え方は、翻訳に限ったことではなく、間接業務の業務改善に適用すべき考え方で、とても共感しました。
  • 例え1ステップの改善でもマクロを作って省力化されていました。「たった1ステップと捉えるかもしれないが、それが繰り返されれば1000ステップ、1万ステップと大きな違いになる」というお話しは、大いに共感です。
  • SimplyTermsは、井口さんが自分で使うために開発されたツールで、ある程度の形になったので、ならばみんなに使って貰おうと公開されたそうです。本当にありがたいことです。

SimplyTermsというツールの説明でありながら、実際のところは翻訳のフローに従って、どう翻訳という仕事の効率をあげているかをお話しされているように感じました。些細なことでも、必要となる工数とのバランスを考えて、マクロを使って改善をされている。この姿勢がとても大切で、総合的に見るとQCDの面で大きな違いを生むことになっているのだろうと思いました。

[SimplyTermsとWildLightの開発思想の違い]

  • SimplyTermsの使い方とその機能の詳細を聞いている中で気がついたのは、SimplyTermsは、翻訳者が翻訳作業を進める中で発生するいろいろな作業を、如何に効率的に行うかを考えて開発されているということです。まさしく、翻訳をするための支援ツールなわけです。
  • 一方のWildLightは、翻訳チェックをする上で如何に人間の検出力を補助するかをスタートポイントに開発したツールであるため、その考え方の違いが細部に現れていて、とても興味深かったです。

ツールの使い分けは、こういった思想の違いもヒントになるかもしれませんね。

今回、SimplyTermsに盛り込まれた細かな工夫やその考え方を詳しく聞けたのは、とても有益でした。お話しを聞いているうちに、自分のツールへ盛り込む機能のアイデアをいろいろと思いつきました。ノート3頁もメモを取ったのは久し振りです。本業でSimplyTermsを活用するイメージできたので、早速使いたいと思います。また、学んだことや気付いたアイデアを元に、拙作のツールの機能アップと改善を行っていきたいと考えています。