翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


【セミナー開催】WildLight 初級セミナー

wildlight-logo
来年1月に東京ほんま会主催による「初級WildLightセミナー」の開催が決定しました。

以下の日程で開催されます。

日時:2015年1月25日(日) 13:00 ~ 16:30
場所:(株)翻訳センター 会議室
定員:20名

過去に開催した初級セミナーをベースにした内容となります。

TokyoHomma_black_icon
詳細とお申込みは「東京ほんま会」ブログまでお願い致します。
あっという間に席が埋まる可能性がありますので、お申込みはお早めに。


1件のコメント

翻訳勉強会 十人十色&SKITコラボ しんハムさんセミナービデオ公開

大変お待たせを致しました。

11月26日に行われた翻訳勉強会「十人十色」と関西通翻勉強会「SKIT」の初のコラボセミナービデオが完成しましたので公開いたします。

セミナーテーマ:「生き残り戦略~その2:価値ある翻訳者になりたいよね」
講演者:小林晋也さん

 


ワイルドカードセミナー「翻訳勉強会:十人十色」

2013年11月12日に翻訳勉強会「十人十色」の「ワイルドカードセミナー」が開催され、当方も拙い話しをさせて頂きました。その時に使用したプレゼン資料を以下に公開致します。

十人十色ワイルドカードセミナー20131112.pptx

拙作のワードアドインマクロを利用した使用方法を説明させて頂きましたが、結局、ワイルドカード単体でできる事には限りがあり、大量の原稿ファイルや訳文ファイルを扱う私のような者には、マクロとの組合せで使用する事が大前提となります。

WildLight の辞書は単純なテキストファイルであり、そこにワイルドカードによる記述や、検索語、検索語と置換語を記載しているだけです。十分に検証したワイルドカードの記述を、辞書ファイルに蓄積する事で、知の蓄えになる訳です。

今回のセミナーを機会に、ワイルドカードを勉強してみて欲しいですね。


WildLight 説明セミナー終了

昨日、11月9日に㈱翻訳センターの会議室をお借りして、初めての「WildLight 説明セミナー」を行いました。

そもそも、拙作のワードアドインマクロ「WildLight」を積極的に広めるという発想は全くないのですが、知り合いになった某社のチェッカーさん達と話しをしていて、翻訳物のチェックに WildLight を使用しているとお話ししたら興味を示されたのが、今回のセミナーを開催したきっかけです。

今回の参加者は、インハウスのチェッカーさんや翻訳者さんをメインとした6名でした。

基本的には、辞書への記述の仕方と、それによる動作をデモンストレーションでお見せする形で、以下のような内容をお話しさせて頂きました。

  • WildLightの設計思想と概略機能
  • インストール方法とアップデート方法
  • ワイルドカードって、何?
  • 翻訳チェックへの応用
    1. スペルミス
      (スペルチェッカーで引っ掛からないスペルミスチェック。サンプル辞書を提供)
    2. 数字の転記ミスチェック
      (原文と訳文に色づけして数のチェックし易くする。サンプル辞書を提供)
    3. 文法ミスチェック
      (考え方のみ説明)
    4. スタイルガイドチェック
      (JTF日本語スタイルガイドを例に説明。サンプル辞書を提供)
    5. 用語適用チェック
      (考え方のみ説明)
  • 文書加工/翻訳準備への応用
    1. 用語集用の用語抜き
      (漢字・カタカナの単語をワード・エクセルへ抜き出す。サンプル辞書を提供)
    2. 蛍光ペン/色付き文字のみの文字カウント
      (蛍光ペンが付いているもののみ/ある特定のフォント色のもののみを文字カウント。サンプル辞書を提供)
    3. 自分の単価を入れて文字カウントさせ、自動で見積り計算
      (サンプル辞書を提供)
    4. 全角を半角へ変換。半角を全角へ変換。
      (英数字、カタカナを例に説明。サンプル辞書を提供)
  • 用語置換
    1. ワイルドカードを使った部署名変換
      (漢数字、全角数字、半角数字混在文書で一律変換。サンプル辞書を提供)

ご参加頂きました皆様、慣れない説明で色々とトラブルもあり、分かり辛かったところも多々あったと思いますが、辛抱強くお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。今後も要望を頂ければ説明会を開くというスタンスで進めて行きます。