翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

WildLight 使用例その1

これから、何回かに分けて、WildLight の使用実例を紹介していこうと思います。

今日は、ツイッターで流した「用語抜き」

漢字とカタカナをエクセルへ抽出するには、以下のような記述を辞書に記します。

[ァ-ヾ一-鶴]
ExtractH2Excel

ワードへ抽出する場合は、以下のような記述を辞書に記します。

[ァ-ヾ一-鶴]
ExtractH2Word

1行目の「ァ-ヾ」がカタカナ、「一-鶴」が漢字を検索する検索文字列です。[ァ-ヾ一-鶴]で、カタカナと漢字を検索し、蛍光ペンを付けます。
2行目の「ExtractH2Excel」で、蛍光ペンが付いた文字列を抽出し、抽出した文字列からユニークな文字列だけをその登場頻度データと一緒にエクセルへ出力します。「ExtractH2Word」の場合は、同様に抽出処理を行った後、ユニークな文字列だけをワードの新規文書として出力します。

この方法を、用語集作成の下準備に使う事ができます。

【参考辞書ファイル】

上記の記述を入れた辞書ファイルを貼り付けておきますので、実験してみて下さい。

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。