翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


コメントする

顧客の勝手な判断

翻訳会社から納品される翻訳物のチェックをするのに「チェックしやすいから」「訳抜けが見つかるから」というチェックする側の視点のみで、対訳表のような原稿を作り、空欄の訳文列に翻訳文を入力せよという作業指示で翻訳発注するクライアント企業があるそうです。

翻訳する側の都合は、まったく無視されています。

昨年の翻訳祭で講演した際、同様の質問をいただいた記憶があります。「チェックするときに対訳表にするのであれば、翻訳する前に対訳表形式にして、そこに翻訳すれば効率的ではないか?」という趣旨の質問だったと記憶していますが、翻訳の質に影響するから避けるべきという回答をいたしました。

 

翻訳という仕事は、大変な仕事だと常日頃から思うのです。単語ひとつを決めるのに、訳文ひとつを決めるのに、脳内でまことに多くの処理をして考えて判断して、そして文字として出力している。(翻訳者さんには、ほんと、頭が下がります。)
その作業の多くを脳内処理に頼っているがゆえに、わずかな思考への影響や精神的な影響が訳文の質へ影響すると私は考えています。

もう何年も前の話ですが、クライアントに依頼されてCATツールを導入し、翻訳をするようになった時期がありました。作業を繰り返すうちに「危ないな」と感じるようになったのです。人間とはなかなか面倒臭いもので、「慣れる」と意識できなくなるとか、枠を設けるとその枠に思考が制限されてしまうとか、いろいろと無意識のなかで自分の思考プロセスに悪影響を与えてしまうようです。これは、翻訳の仕事を繰り返している中で、自分で感じ、気づき、実感したことがベースになっています。

上述のクライアントのやり方は、同様に翻訳へ悪影響を与えるやり方だと考えています。すべての文が枠の中にある。その状況が文単位で完結すれば良しという意識を生む。森の中の木だけを見たような、繋がりの悪いブチブチ訳を生み出す危険性を持つことになり、結果的に翻訳品質を下げることになるかもしれません。もちろん、影響を受ける度合いは個人差があるでしょう。目的意識がぶれることがなく、自分の思考がどういう動きをしているかを客観的に意識して翻訳をされているベテラン翻訳者でないかぎり、少なからず無意識のうちに思考プロセスへ影響を受けていると思うのです。

上述のクライアントは、翻訳会社に相談すべきだったと思います。品質面で最善策を導くために両者のフローを理解し、玄人の意見を聞いた上で、最適解を求めるような議論をすべきだったでしょう。また翻訳会社も言われるがままではなく、相手の目的を理解した上で、プロとして問題点を指摘し、最適な対応案を提案すべきと思います。(至極当り前のことですが)

 


コメントする

翻訳品質保証マトリックス

昨年の翻訳祭、および一昨日開催された第1回JTF翻訳品質セミナーで配布した資料「翻訳者の翻訳品質保証マトリックス」ですが、当ブログで少し補足説明をしておきます。

翻訳会社でやっているであろう「翻訳品質保証計画」や「翻訳品質保証体系」の作成、および「翻訳品質保証工程」の設定で必要となる品質管理項目(品質保証項目)を抽出するために、私は「翻訳品質保証マトリックス」をひとつのツールとして使っています。マトリックスには、翻訳に関わるすべてのものを抽出し、それぞれをどう品質保証するかを定義して記入していきます。その際、項目抽出や保証条件定義のキーとして利用しているのが、5Mや5W2Hです。

翻訳フローの初めから終わりまで、例えば「問い合わせ」を受けてから「納品」「検収」に至るまでに関わるすべてものを、5M(Man, Machine, Material, Method, Measurement)の視点で抽出し、それらが翻訳品質に影響を与えるかの検討と、与える場合は、それらをどのように保証するかを5W2H(What, Who, Where, When, Why, How, How many)を使って定義します。マトリックスを埋めていくことで、翻訳品質へ影響を与えるすべての因子が明らかになり、それらを保証する方向性が見えてきます。

配布した資料は、翻訳者に限定して作成したものです。もちろん、完全な形ではありません。一般的な項目だけを記載したつもりです。理由は、取り扱う分野や文書種類、特有な仕事のプロセスなどによっても、マトリックスに記入する内容が変わってくるからです。したがって、皆さんの持つ条件に合わせて項目の追加削除を行ってください。

翻訳会社でこのマトリックスを作成する場合は、5Mの範囲をもっと拡げて考えてください。例えばManにあたる部分、つまり「人」に絡む部分は、品質保証項目が多数出てくるはずです。経営者、管理監督者、マネージャー、リーダー、翻訳者、チェッカー、DTPオペレーター、営業、経理など、企業運営に絡むすべての役務をキーに、翻訳品質に影響を与える因子を抽出することになります。そしてそれらを保証するための条件を定義します。

この作業によって、各々が担うべき品質保証項目が明確になり、それに伴って必要となる知識や能力が定義できます。このことは、従業員の教育システムがどうあるべきかも自ずと分かることになります。さらにいえば、翻訳を委託している翻訳者が担う品質範囲も明確になり、同時に翻訳会社が翻訳品質を担保する上で、本来なすべきことがハッキリと認識できるようになります。(翻訳者がマトリックスを作ると、翻訳会社のおかしな対応を認識できるようになります)

完成したマトリックスの使い方は、立場によりいろいろと考えられますが、今回、私がマトリックスを公開した意図は、定義した品質保証項目を、自分の翻訳プロセス(特に翻訳チェック)に漏れなく配置しているかを確認して貰おうと考えたからです。もし、「これ、やっていない」というものがあったら、自分の翻訳プロセス(や翻訳チェック)に盛り込むように検討してみてください。

翻訳会社の場合は、上述した「翻訳品質保証計画」や「翻訳品質保証体系」、「翻訳品質保証工程」の作成や定義に利用できるはずです。
マトリックスの作成作業は、とても時間の掛かるものですが、投資した時間に見合う効果があります。自分の翻訳物の品質に自信を持ち、相手を説得できる裏付けデータにもなります。

皆さんに活用いただけると嬉しいです。


参考資料という厄介なもの

昨年の翻訳祭セッションでも少し触れた「参考資料」の取り扱いについて。

クライアントや翻訳会社から、ポンと渡されて、その量も紙一枚のものから、本か?と思うほどの大量のものまで、内容も分量もさまざま。時には翻訳原稿にまったく関係のないものが混ざっていたりすることもあります。

挙げ句には、納品した翻訳物に対して「参考資料に合ってない」と怒られたり、「参考資料なんだから、そのまま写すなよ」とクレームを貰ったり、一体、どうして欲しいの?と憤慨した方も多いのではないでしょうか。

参考資料を受け取った翻訳会社(や翻訳者)が、まずすべきことは、受け取った資料が「翻訳指示」なのか単純なる「参考情報」なのかを明確にすることです。そもそも「参考資料」という言葉、特に「参考」という言葉にみんなが惑わされ、資料の位置付けを定義して合意しないまま翻訳作業に入っているところが問題です。

参考資料には概ね以下の3つの目的を持って提供されていると思います。

  1. 用語集
  2. 表現、スタイルガイド
  3. 単純に情報としての資料(原稿の補完)

1と2であれば「参考」ではなく「作業指示」です。資料から拾い上げて(必ず)訳文へ反映させなくてはなりません。もし3の目的であれば、読み込んで原稿の取り扱う分野に関して知識を深めたり、原稿内容に不明点が出れば、参照して原稿解釈をより正確に行うなどして、誤訳しないように努めることになります。

ポイントは、参考資料の内容が翻訳物の評価の基準に使われるのかどうかです。

  • 参考資料を受け取ったら、その目的を提供元に確認する。

一部のクライアントや翻訳会社には、参考資料の位置付けが曖昧なことを逆手にとって、無闇矢鱈に参考資料を送りつけるところもあります。参考資料を渡しておけば、業務指示の手間は省けるし、自分達の責任をある程度回避できると考えているようです。「参考資料に合ってない」「参考資料は参考だから合わせる必要は無い」といった玉虫色の交渉材料に使えてしまうわけです。

 

少なくとも翻訳会社は、クライアントから参考資料を受け取った際、その位置付けを明確にする必要があるでしょう。顧客に対する最終的な品質責任は翻訳会社にあるのですし、翻訳者へ明確な指示をして正しく使用してもらうためには避けては通れないプロセスだと思います。


SFAOS「WildLightの翻訳活用術」報告

3月4日(土)にサン・フレアアカデミーで開催されたオープンスクールで、「WildLightの翻訳活用術」というタイトルのクラスを担当させていただきました。

受講生は、個人翻訳者から翻訳会社の方、そして訳書を出版されているベテラン翻訳者から翻訳の学習を始めたばかりの方までいろいろな層の方々でした。今年のオープンスクールは全体的に受講者数が少ないとサン・フレアアカデミーの方は話していましたが、その影響か、私のクラスの受講者も例年より少なく、小さな部屋での授業となりました。

実はこれが私には初体験。いつもは受講者全員が前方に投影された同じPC画面を見ており、私はみんなの顔色や反応を見ながら、レーザーポインターを使って話をするのです。でも今回は、受講者は自分のテーブルにあるモニターを見ていて、そして私も自分の前にあるPC画面を見つつマウスポインターを使って説明する。なので、いまひとつ皆さんの反応が分からないのですよ。でも、受講者との距離が近いという利点もあるので、なるべく皆さんと会話するようにして、そのギャップを埋めるようにしましたが、今度は時間管理がうまくいきませんでした。ここは大きな反省点です。教室の規模と施設によってアプローチを変えなくてはいけないというのが、今回の私の学びですね。今後のセミナーで生かしていきたいと思います。

早々にアンケートが返ってきましたが、本人の落ち込みに反して、概ね良い結果だったようで安堵しています。また受けたいという意見とか、時間が短すぎるので3時間くらいのコースが欲しいという意見もありました。早速ブログ経由で連絡をいただいた方もおります。

それぞれのレベルで、翻訳という仕事の効率化や精度アップにWildLightを役立てていただけると嬉しいです。

WildLightを高度に使いこなす上で必要となるワイルドカードのセミナーが、4月23日(日)東京ほんま会主催で行われます。「ワイルドなセイキの対決! ワイルドカードVS正規表現セミナー」ですが、ワイルドカードの説明は私が担当します。事前アンケートで、やりたいことや困っていることを聞かせていただき、それをセミナー内の実習例題として解決していくスタイルにする予定です。

なお、セミナーに参加されない方でもアンケートにご回答いただけます。実習問題を作成するためにご協力いただけますとありがたく思います。以下のリンクをクリックしてご回答ください。

事前アンケート:https://goo.gl/LAfgLg


【再演】5/22日:誰も教えてくれない翻訳チェック

日本翻訳連盟の「標準スタイルガイド検討委員会」が2017年より「翻訳品質委員会」と名称を変更されました。それにともない、この委員会が企画するセミナーも「JTF翻訳品質セミナー」という名称になりました。

来る5月22日(月)に、この「JTF翻訳品質セミナー」の栄えある第一回ということで私が登壇させていただくことになりました。セミナー内容は、昨年の翻訳祭で講演した「誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」を同じ内容で再演いたします。

2017年JTF翻訳品質セミナー

第1回セミナー  5月22日(月)10:00~12:00

誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~

昨年の翻訳祭で聴講できなかったという皆さんは、是非、この機会に参加をご検討いただけますようお願いいたします。

なお、定員がありますので、興味のある方はお急ぎ申込みをされた方が宜しいです。