翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

イベント参加に先駆けてSNS名刺を持とう

先日のテリラジで話題にした「SNS名刺」。
折角ですので、ブログに記事としてまとめておきたいと思います。

私が推奨しているのは、お仕事用の名刺とは別に、SNS繋がりでお会いする方々と交換する「SNS名刺」を持つ事です。これから、JTFの翻訳祭や来年のIJET-25などイベントが続々と開催されます。そしてそれらイベントで大切なのがネットワーキング。交流会とか懇親会とか、SNSで繋がりのある翻訳業界の人々と出会うチャンスが非常に多くなります。そんな時、「SNS名刺」は実際の貴方とSNSの貴方を繋げる大切な情報ツールになります。

名刺に関する記事は、過去に2度程書いていますので、こちらも参考にして下さい。

私が「SNS名刺」に入れた方が良いと考える情報には以下のようなものがあります。

SNS名刺に載せたい情報

  1. 名前(本名と、あればSNS名)
  2. 本人の写真 or SNSのアイコン
  3. SNSのIDやアカウント名
  4. 携帯電話番号
  5. メールアドレス
  6. 翻訳の分野、言語

写真入り名刺の話しをすると「え〜」という反応が多いのですが、イベント後、数日経って名刺を見返して本人を思い出せる確率は3割(当社比)とかなり低いので、できるならば顔写真入りにした方が効果的です。もし、顔写真が無理ならば、SNSのアイコンを入れておくと SNS上の貴方との繋がりを保てるので、是非入れましょう。
電話番号については、それぞれの考えで家電話でも携帯電話でも選択されれば良いと思いますが、家電話の場合、イエローページ等に登録されている場合は検索の対象になってしまうので、ならば携帯電話の方が比較的安全ではないかと思うのです。私が家電話番号ではなく携帯電話番号を載せている理由は、これです。

あれ?住所は?…と思う方もいるでしょうね。

インターネットやGoogle Map等の発展で、住所という情報は、昔とその意味がかなり変わってきています。昔ならば、相当詳細図な地図がないと場所が特定できなかったですし、そういった地図を利用出来る人は限られていました。でも、現在はスマートフォンでGoogle Mapに住所情報を入力すれば、詳細な地図は出るし、どの建物かも判断出来ます。極めつけは Street view でどんな家に住んでいるか、更にはどんな車に乗っているかまで写真で分かってしまうのです。

こんな環境下で住所をホイホイと掲載して、ホイホイと配布するのは如何なものでしょうか?

実際、名刺の住所がもとで、ストーカー的な事をされた経験を持つ女性の話しを聞いた事があります。だから、住所の取扱いは慎重にされた方がいいと思います。

仕事名刺は住所を記載した方が良さそうですが、SNS名刺は住所無しでもいいと思います。地域が分かるようにしたいのであれば、都道府県に郡区程度の住所で良いのではないかと思います。SNS名刺は、相手が貴方にコンタクトが取れる情報が含まれていれば十分です。それに該当する情報がSNSのアカウント情報ですし、電話番号とメールアドレスです。よって、目的から考えても住所という情報は必要ないと思います。

さぁ、イベントに向けて名刺を準備しておきましょう!

 

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。