翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

[戸籍翻訳] 住所の読みを検索する

戸籍翻訳をしていると、住所の読み方を調べる事が多くなります。

その際に利用しているのは、日本郵便等のサイトだと思いますが、私は以下のような方法を使っていますので、ご紹介いたします。

日本郵便のサイトに行くと、「郵便番号データダウンロード」というメニューがあります。

日本郵便

私はここにある「読み仮名データの促音・拗音を小書きで表記するもの」のCSV形式の「全国一括」データをダウンロードして利用しています。

このデータはCSV形式ですので、エクセルで開く事ができます。すなわち、エクセルを検索ツールとして検索をします。

私の検索の仕方は、「いきなり町名検索」です。読みが分からなくてもいいから、取りあえず漢字で入力します。
町名から検索する理由は、県名から順に入れるでは時間が掛かるからです。町名で大体複数の候補に絞られて特定できるので、検索効率を考えると「町名検索」が速いです。

【戸籍翻訳をする上での参考サイト】

広告

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。