翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


1件のコメント

翻訳者よ、実名でブログろう!

SNSを題材とした物書きをしながら、色々と考えを巡らしているのですが、翻訳者にとってネット上で実名を晒す事は、果たしてマイナスなのでしょうか?

SNSをパーソナルブランディングのために積極的に使う通訳者・翻訳者さんは、当然実名を使っています。自らの名前をブランドとして前面に打ち出しているのですから当然ですよね。

では、そうではない通訳者・翻訳者さん達はどうでしょうか?

同業者とコミュニケーションできる程度でいい…と考えている人には、ネットで実名を晒すなんて飛んでもないと考える方が多い事でしょう。

遡る事二年前、翻訳者募集をした事があります。その時の事を思い出してみたのですが、募集戴いた翻訳者さんの情報を見て、一番最初に行った事は、Googleの検索窓に応募者のフルネームを入力し、検索する事でした。

目的は、ネット上にその方の情報が存在しているか?を確認し、その情報を読むためです。

最近は企業の人事が、新卒者採用時にネットで人物検索しているというあれと同じです。

私とネットで繋がっている方であれば、その方を多少なりでも知っている訳ですから、人物理解の参考になります。また、ネット上で実名を使っている方だった場合、例えば、ブログを持っていて、実名で記事を書いている方だった場合には、その記事からどのような方かが分かります。もし、翻訳に関するブログであれば、履歴書・経歴書では表現されない「プロ意識」を理解する助けになり、また、翻訳の実力を類推する事が出来ます。少なくとも実名で勝負している点は、信用できる人物かも?と言う評価に繋がるでしょう。

つまり、ありきたりで能面のような履歴書や職務経歴書では汲み取れない「どんな人なのか?」「信頼できそうか?」「どんな意識を持った人なのか?」と言う人物像を、ネットの情報から得ようとしています。

そういった情報がネット上に見られる応募者を他の応募者より優先するのは、考えて頂ければ分かると思います。

インターネットがここまで普及し、携帯電話やスマートフォンで誰でも検索できる今の時代に、昔ながらの履歴書・職務経歴書だけに依存する従来のやり方を踏襲しているのはナンセンスでしょう。

「ネット検索で見つからなければ、存在していないのと同じ」

良く聞く言葉ですね。今の時代、翻訳者も同じ事が言えるのかもしれません。仕事を得る上で、エージェントやソースクライアントとの接触が不可欠な翻訳者や通訳者にとって、ネット上で実名を使って活動する事のメリットは大きいと思います。

こんな実例があります。ある応募者は、自己アピールにご自身のブログのURLを書いておられました。勿論、アクセスして読ませて頂いたのですが、しっかりと実名でブログを書いておられました。ブログ記事から読み取れたのは、ある分野の知識にとても明る事。翻訳品質を確保するための仕掛けを色々と生み出し、実践されている事。勉強に余念が無いと言う事。そして、TRADOSに精通している事でした。

他の応募者は後回しにして、この方に即座に連絡をつけたのは想像できると思います。

逆にマイナス評価になる場合があるのでは??と心配になりますか?
そんな方には逆に質問したくなります。「マイナス評価になるような事をネット上でやっているのですか?」

少なくとも実名を使うとしたならば、自分にマイナスとなるような間違ったことはやらないでしょう?

プライバシーに関する情報を出す時には注意が必要になりますが、通訳者・翻訳者さんは実名でのネット利用が意外なところで有利に働くのだと言うことを知って欲しいと思います。

皆さんも、実名でブログを書きましょう。


オン茶会をしましょう

以前、Twitter上で呼び掛けた「オンラインお茶会」、略して「オン茶会」。

そのオン茶会のグループをFacebookに作り、今月より少しづつですが、オン茶会を始めました。

この「オン茶会」は、Google Hangout を使って、オフ会をバーチャルにオンラインでやろう!と言うのがコンセプトです。

オフ会の良いところは、お互いの顔を見ながら、深い色々な話ができるところ。普段、オンラインでは聞けない、言えない話が話題に出る。例えばレートの話、ブラックなエージェント話、仕事のちょっと困った事の相談、そして恋バナ?(笑)

そんなコミュニケーションの場をGoogle Hangout のオンライン上に作るのが「オン茶会」です。

この「オン茶会」の良いところは、時間と距離を超越できるところ。先日のオン茶会では、関西地方、中国地方、そしてカナダ在住の方とお話をしました。

海外の方もそうですが、地方在住の方達とも手軽にあたかもお会いして話をしてるような深いコミュニケーションを取れるのは、とても素敵な事です。
なかなか都市部で行われるイベントには出掛けていけないとか、小さなお子さんを抱えていて出掛けられないと言った方達にも、インターネットとPC(スマホでもOK)があれば通訳者や翻訳者の仲間達と会って話ができる。

そんな場が作れればと思って立ち上げたのが「オン茶会」です。

会の目的から実名主義です。グループをFacebookに作ったのも、それが理由です。

貴方も参加しませんか?

Facebookからグループへの参加申請して下さいね。

〜〜〜〜〜〜〜
オン茶会でお話しさせて頂いた方達から、色々な刺激を頂いています。あまり考えた事もない考え方を教えて頂いたり、新しい世界を垣間見せて頂いたり、自分も頑張らねばと言う思いにさせて頂いたり。

人と接する事は自分にないものを知る良い機会になりますね。お話をさせて頂いている方々には、本当に感謝です。


レートのお話

翻訳者が得る報酬(レート)は、皆さんの興味が高いトピックであるにも関わらず、その実態はなかなか見えてきません。お金に関する事を公の場で言及する事は憚れるイメージがあるからと思います。

業界誌が時々、レートに関する特集記事を掲載していたり業界団体が調査した結果を公開していたり、そういった情報を拠り所にしている訳ですが、中にはそれらの情報や実態とはかけ離れた情報を公開しているサイトも見かけます。

私自身の脳内の基準は、自分が設定した(翻訳者さんへの)レートにある訳ですが、これも、あれこれ調べたり翻訳者さんに問合せしたり、あとは経営的制限レンジから翻訳者さんの実力に応じて決定したレートで、幅の広い「世間水準」の何処かに位置している筈ですが、それが果たして翻訳者さんにとっての本当の適正水準であるかは、正直分かりません。

何をもって適正と言うのか?

色々と議論がされている話ですが、私はその解を持ち合わせていません。以前行った翻訳者インタビューの中で、翻訳者さんと翻訳会社/クライアントの間で、どういう経緯を経てレートが決定されているかを伺ってきました。

  • 自分から提示(自分から積極的に言う場合と、エージェントから問われて言う場合を含む)
  • エージェントから提示

当り前ですが、具体的額面が提示されるのはこの二通りしかありません。皆さん、どちらのケースも経験されていました。では、翻訳者側から提示する場合のそのレートは、何に基づいて決定されているのでしょうか?

実績値と目標値

そのように感じました。概ね実績値を基準としてレート提示しているようです。(その実績値も遡っていくと、エージェントからの提示レートと、自分が算出し提示したレートに行き着くようです。)

一方、家族を養う立場にある方の考え方は少し違っており、生活を守る上で必要な収入はいくらか算出し、それに基づいて自分の能力・こなせる翻訳分量などを考慮した上で必要なレートを決定し、それを目標として交渉されているという方が複数名いました。

この考え方は「自分の適正レート」を認識するという意味では、正しいと感じました。無闇にエージェントの提示値に翻弄されるより、このような方法で自分の目標値を自分なりに定めて交渉する。こういうアプローチが大切だと思います。

  • 貴方の適正な翻訳レートはお幾らですか?
  • そして、その根拠は何ですか?

丸腰で交渉のテーブルに着くような意識は、フリーランスにあってはならないと思います。ですので、少なくとも自分自身の中で、これらに答えられる自分なりの解を準備しておく必要があるでしょう。

「最初が肝心」

概ね、翻訳者自身もエージェント自身も、実績値を拠り所にする傾向が強い事から、将来的なレート向上を考えると「最初が肝心」と思います。

翻訳者側から提示する場合、実績値、もしくは実績値に幾ばくか上乗せしたレートで提示するのだと思いますが、すんなり受け入れられる場合もあるようですし、その後に交渉が入るケースもあるようです。一方では、エージェント側からレートの提示がされ、期待値通りかそれ以上であれば受け入れ、そうでない場合はやはり交渉になるという流れでしょう。

そこには色々な思慮と交渉があって、決定に至るプロセスは一概に言えないのは勿論ですが、相手との将来的継続性の考慮やレートの2段階提示(最初いくらで品質確認後いくらと言うようなスタイル)による妥協点模索とか工夫が見られます。ただ、概ね言えるのは条件別に交渉決裂となるレートを翻訳者さん自身が決めていて、それを基準として判断されているという事です。

自分自身の中に「最低レート、最低条件」をちゃんと定義付けておく事が大切です。

さて、レートって上がるものでしょうか?

フリーランス翻訳者さんとの会話で分かるのは、上がらないと考えている方が多い。さらに、上げようと交渉されている方が少ないという印象を持っています。

先に言及した家族を養う立場にある翻訳者さんは、その辺りの意識が全く違います。定期的に、例えば年に一回はレート交渉をされている方もいました。実力、貢献度が上がってくる訳ですから、恥ずる事は何もないと思います。

エージェントは、翻訳者を入れ替えつつ、良質で安価な翻訳を仕入れる動きをしています。ビジネスとして当然の流れです。

翻訳者も同じ動きをするべきだと思います。エージェントを変えながら、自分の翻訳の価値を理解し、適正レートで買い取ってくれるエージェントに変えて行く。そう言う意識を持つ事も大切だと思いますし、実際にそういう動きを取って行く事も大切だと思います。

レートは、自らの翻訳という仕事の価値を表現する具体的なもの。もう少し「意識」して、自分なりの考えを持って価値を高める事に力を注いでも良いのではないでしょうか?


翻訳勉強会「十人十色」YouTubeビデオ:Felix Hands-onセミナー

3月20日に翻訳勉強会「十人十色」主催の「Felix Hands-on Seminar」がありました。その時のセミナー動画をYouTubeに公開致しましたので、ご覧ください。なお、録画漏れがあり、継ぎ接ぎなビデオになっていますが、概略は把握出来ると思います。また、音声・画質が余り良くないので予めご了承ください。

翻訳勉強会「十人十色」:Felix hands-on セミナー

Felix とは、翻訳支援ツールです。TradosやTransitなどが有名ですが、Felix は軽快な動作とサポートの厚さが素晴らしいと思います。このセミナービデオを見て、どういうものか、大枠を把握出来ると思います。ちなみに、Felix のURLは以下の通りです。

http://jp.felix-cat.com/


GlossaryMatch 実用例その1

Word版GlossaryMatchをちょっとだけ修正して、Ver. 1.01 にしました。

修正内容は、辞書の置換元用語の先頭に半桁の「~」(チルダ)を入れておくと、蛍光ペン付けしないようにしました。

ここでは、この機能を使った使用例を示します。

原稿

 

このような部署名を企業の中で見掛けないでしょうか?
色々な文書に、作成者や改訂者情報、検討チームリストなど、部署名が良く書かれています。こういう部署名などは間違いをなくすために、置換作業で処理したいところです。しかし、困るのが、漢数字に全角半角数字の混在ですね。

これを解決する為に作った辞書ファイルのサンプルが次のものです。(漢数字へ対応するためのサンプルです)

辞書

 

GlossaryMatchでは、蛍光ペンのない文字列に対して、置換元用語の検索を行い、該当するものがあれば置換先用語に置換し、最後に蛍光ペンを付けます。
但し、置換元用語の先頭に、半角「~」(チルダ)が入っている場合は、置換後に蛍光ペンが付きません。例えば上の辞書の第一行目の記述に従うと、「一課」が「1課」と置換されますが、蛍光ペンは付かず、その後の処理でも、この「1課」は置換対象となります。

この辞書ですと、漢数字の一課~五課までを半角数字の1課~5課に置換するものの、蛍光ペンは付けない為、その後の行の処理では置換対象となります。つまり、六行目の「経理([0-9]{1,})課」以降の行で置換の対象となります。

モード選択

 

モードの選択で「2. 完全置換」を選択すると、以下のようなプログレスバーが現れ、置換が終了すると終了画面が出ます。

ProgressBar

 

完成

 

上記のサンプル辞書には、全角数字を半角にするための処理を入れていなかったため、経理1課~経理5課までが置換されずに残っていますが、漢数字だった部署名は全て置換されています。

このように、辞書ファイルに処理の順番で正規表現を記述しておく事で、色々な処理を行う事ができます。

なお、辞書の置換元用語にある「([0-9]{1,})」は、半角数字で1桁以上連続した数字を意味します。1課でも12課でも、123課でも対象となります。そして置換先用語にある「\1」は、置換元用語のカッコ内「()」で該当した数字が代入されます。
つまり、「経理900課」があると、900 が \1 の位置に代入され、Accounting Dept. 900 と置換されます。