翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

シュミはやめましょう #F1_2020

PS4版F1 2020に登場した誤訳?

PlayStation4版の「F1 2020」と「Assetto Corsa competizione」が、9月24日に発売になり、レースシミュレーションゲームしか遊ばない私は、カレンダーに花丸をつけて楽しみにしていました。

と、まぁ、ここはそんな趣味話を書くところではないので、さっそく本題ですが、F1 2020をプレイしている途中、画像のようなメッセージが出てきて、ぶったまげてしまったのです。

彼らはシュミレーションに長い時間を費やしてきました。

きっと、原語は英語(制作したCodemastersは英国企業なので)、そこから各国語に展開しているのだと思うのですが、日本語訳に「シュミレーション」(正しくは「シミュレーション」)が紛れ込んでいることに驚いたのと同時に、職業病で?「プロの翻訳者を使ったのかな?」「どういうチェック体制なんだろう?」と、いろいろな想像をしたのです。

少なくとも「シュミレーション(×)」の話は結構有名な話なので、概ね、翻訳者さんもエージェントも十分認識しているはず。それが紛れ込んでいるとなると、「素人の仕事ではないか」という疑念を持たれても仕方がないでしょう。

こういった間違いを起こさないために、いろいろな工夫を日頃からやっておくことが大切ですね。例えば以下のようなことでしょうか。

  1. 間違った言葉を入力したら正しい言葉が出てくるようにしておく。
    例)「シュミレーション」と入れたら「シミュレーション●」と出てくるようにする(●は自動変換された形跡を残すため。)
    1. 単語登録する
    2. ワードのAutoCorrectに登録する
  2. WildLightのようなツールを利用して、チェックする

これはさすがに恥ずかしいミスですので、撲滅するように注意しましょう。

作成者: Terry Saito

二足の草鞋を履く実務翻訳者です。某社で翻訳コーディネーター、社内翻訳者をやっていました。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。