翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

JTF翻訳祭のプログラムが公開に

11月28日に開催される日本翻訳連盟(JTF)主催の第22回JTF翻訳祭のプログラムが公開されました。
http://www.jtf.jp/jp/festival/festival_program.html

今年は日本翻訳者協会(JAT)で1トラックを持っており、内容的にも充実していて、目が離せません。

セッション内容を眺めていると、仕事ではなく、私、個人として聴講したいセッションが多過ぎるので、今年は会社の業務として出席せず、個人として参加した方が良さそうです。

また、昨年同様、聞きたいセッションがぶつかり合っていて、その選択に悩みそうです。

私個人的に興味があるセッションは以下のもの。この中から当日の気分で選択して聴講しようと考えています。

【トラック1】
セッション2
パネルディスカッションA
「特許翻訳の動向と展開(仮)」

【トラック2】
セッション1
パネルディスカッションC
「伸びるアジア市場において翻訳の潜在需要を読む」

セッション2
パネルディスカッションD
「翻訳ビジネスの海外展開におけるチャンスとリスク」

セッション4
パネルディスカッションE
「オンライン翻訳の経営戦略と今後の展開」

【トラック3】
セッション1
「翻訳のブラッシュアップ ~翻訳業務におけるネイティブチェックの必要性~」

【トラック4】
セッション2
「これだけ知っとけ行動経済学 ~ブラック翻訳会社に騙されないヒント~」

セッション3
Translation Quality Control – An Irreducible Process

【トラック5】
セッション1
「フリーランス翻訳者のための営業戦略と節税・資産管理術」

セッション3
「【特許翻訳入門】翻訳品質は調査能力で決まる ~PCスキルを駆使した翻訳作業のステップ詳解~」

【トラック6】
セッション3
「翻訳者の原点」

セッション4
「Wordマクロで誰でもできる!翻訳者のためのWordチューニング入門」

こんな風に、聴講したいセッションが多過ぎて悩みます。取り敢えず、ボールドにしたものは、必ず聴講したい。

忘れてはならないのは交流会の存在。数百名もの業界関係者が集う翻訳祭ですので、ネットワーキングの機会としても、とても大切です。

私は、交流会を含めて参加する予定です。皆さんも参加を検討されては如何でしょうか?

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。