翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

無理な仕事を受けないからプロ

1件のコメント

「あんた、プロなんだから、これくらいの日程でできるでしょ?」

まぁ、お客様は言ったもの勝ちで何でもおっしゃる。

そこで情けゴコロを出してはダメなんだよね。自分がQCDを保証する自信があるなら受ければ良いけれど、そうでないなら絶対に受けるべきではない。プロだからこそ、徹底的に無理な案件は受けない。

1つの失敗が信頼を失い、仕事を失う。特に品質を甘くしては絶対にダメ。自分も大間違いをした経験があるので、ハッキリ言える。かなり長い間、「品質が悪い」ってレッテルが消えないからね。

しっかりとした自分なりの基準を持ち、毅然とした態度でそれを守る。顧客に説明し説得する。そういう姿勢がフリーランス翻訳者にもエージェントにも必要だと思う。

広告

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

無理な仕事を受けないからプロ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Com2 Blog » Blog Archive » 短納期+原文の程度が低い=断るべきだったと後悔