翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.

翻訳者の時給っていくら? [アンケート結果]

Twitter にて Baldhatter さんに依頼され「翻訳者の時給」を調べるべく、例の如くアンケートを実施しました。

[アンケート] 貴方の平均的な「単価×時間当りの処理量」を教えて下さい

総投票数は62。時給換算で3,000円〜3,500円を中心にして分布しているようです。

時給を知りたいとする背景のひとつには、実のところ、勤め人のような労働時間で働いたら、どれくらいの年収になるのか?と言う、一つの指標として、翻訳と言う仕事の現状を知る事が出来る点にあります。(税金は含まれてるのか含まれていないのか分かりませんが…)

厚生労働省の資料を見ると、平均年間労働時間は、平成20年度で1,813時間。但し、これにはパートタイマーが含まれています。それを除外した一般労働者は、1,996時間。これは、一日8時間労働したとして年間250日働く事になります。週休二日に一週間の休暇程度の余裕度でしょうか?

この1,996時間を使って逆算すると…

時給3,000円 = 5,988,000円
時給3,500円 = 6,986,000円

このレンジが、翻訳者の年収として中心にくると思われます。

ご自身の時給から、仮に一般と同程度の労働時間で働いたら年収は幾らになるのか?を知る上で、単純化して「時給×2,000(時間)」で計算するといいでしょう。

翻訳と言っても、色々な分野があり、それによって単価も違ってきます。分野別に見るとどうなのか?が気になりますが、今回のアンケートでは分かりません。

「翻訳で食べていく」には、どの程度の時給にしなくてはならないのか?

そこで、一般的な年代別の年収を知りたい訳ですが、国税庁が出している平成22年度「民間給与実態統計調査結果」を見ると、どうも年収額がしっくりきません。これは全てをひっくるめた数字だからと思われます。企業規模で分類された数字がないかを探してみたら、「大卒男、民間平均給与」を示しているホームページを見つけました。データが少々古いものの、1000人を超える企業の年収が分かります。

40代以上を見ると年収900万〜1000万円。これを逆算すると、時給5000円程度という事になります。

以前行った「フリーランス翻訳者の年収アンケート」の分布と比率が違うのが何故か?が気になりますが、これは年間の労働時間が上記の2000時間に満たない方、つまり兼業の方も含まれたデータである事が1つの原因だと思われます。

このデータは、今後もたまに見直し、加筆をしようかと思います。

作成者: Terry Saito

某社翻訳部門の中の人です。 詳細は、以下のURLよりどうぞ。 https://terrysaito.com/about/

コメントは受け付けていません。