翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


翻訳とボリュームディスカウント

以前から「翻訳にボリュームディスカウントはない」と言い続けているのですが、「さて?ボリュームディスカウントの考え方って何?」というところになると、脳内で曖昧な考えしか出てきませんでした。

そもそもボリュームディスカウントって?

普通の(?)日本語にすると「まとめ買い割引」とでも言うのでしょうか。大量に商品を購入(発注)することにより得られる値引きのことです。ただ、それってどういうカラクリで成り立っているのでしょうか?どうして値引きに応じられるのでしょうか?その原資はどこからくるのでしょうか?

翻訳のボリュームディスカウントについて書かれた情報を探してみたのですが、ジェスコーポレーションの丸山社長が2007年に書かれたブログ記事「翻訳業界におけるボリュームディスカウント」程度しか見つけ出す事ができませんでした。これによると、在庫処分目的の値下げという観点もあるようです。

値引きに応じる以上、通常のプロセスを経た場合よりも利益幅が大きく、そのはみ出す利益の一部を還元することができる条件であるという事でしょう。例えば1000枚の案件を20回受注する場合と、20000枚の案件を1回受注する場合の差を考えると、その条件がはっきりするでしょう。

  1. 案件(発注)数に伴って増減するもの
  2. 分量によって増減するもの

翻訳受注に伴って発生する事務処理は、上記1に該当し、案件数に比例して負荷が増減するので、ボリュームディスカウントする上での原資になり得ます。上記の例で言えば、20分の1の手間になるので、19回分の作業費(作業時間)が「通常より多く得られる利益」という事になります。ただし、翻訳者が請けられる翻訳案件の規模の限度や、翻訳全体に占める事務処理に費やす時間は小さなものであるという事を考えると、値引きにつなげられるほど大きな金額にはならないでしょう。

「ちょっと待って!単価って翻訳に対するものでしょ?事務処理なんてお金貰ってないし」という声が聞こえてきそうです。それはちょっと視点が違うのです。クライアントやエージェントと翻訳者の間では、翻訳作業に対する報酬を、翻訳量と単価を乗じて支払がされていると思います。この報酬を翻訳者視点で考えれば、実際は、その分量の案件を受注するまでのやり取りや、受注してからの問い合わせや翻訳作業、チェック作業、納品して請求書を作成して送付するという一連の作業が全て、含まれていると考えるべきです。よく「時給換算して単価は考えるべきだ」と言われているのは、そういう理由です。(この辺りの話は別記事を書きたいと思います)

さて、一方で、分量によって増減するものとして、丸山社長はブログで「用語・表現の統一」を例としてあげられています。私も、それはあるかな?と感じるものの、正比例以上の増加があるのかが実感として良く分からないのが正直なところです。ただし、大型案件の複数翻訳者による翻訳を想定したエージェント視点の意見だとすれば、理解できます。値引原資を考える上で、分量増により通常より減少する負荷とは何があるでしょうか?、私には想像できなかったです。つまり、総合的に考えると、翻訳者によるボリュームディスカウントはできないというのが私の意見です(CAT使用などは、別の話)

ボリュームディスカウントを視点を変えて考えてみる

そもそもボリュームディスカウントという名が表す通り、「値引き」行為ですので、翻訳者の立場で考えると、下請法のいう「下請代金の減額」に当たらないのかが気になるところです。

公正取引協会のホームページに以下の記事を見つけました。 http://www.koutori-kyokai.or.jp/law/subcontract/subcontract-5.pdf

「ボリュームディスカウント等合理的理由に基づく払戻金」の項に以下のような記述があります。

具体的には発注数量の増加とそれによる単位コストの低減により、当該品目の取引において下請事業者の得られる利益が、割戻金を支払ってもなお従来よりも増加することを意味します。

つまり「割戻金を支払っても(ボリュームディスカウントによる値引きをしても)、従来よりも利益が増加する」という解釈のようです。

これから判断すると、翻訳でボリュームディスカウントが成立するケースは存在しないと思われますね。

もし、翻訳会社からボリュームディスカウントを持ち掛けられたら、上記のような情報をもとに、彼らが考える「合理的理由」の説明を求めるようにしましょう。

広告


2件のコメント

単価上げ交渉マニュアル…なんちゃって

大上段に構えたタイトルをつけてみましたが、これは、ほんの冗談です(笑)

昨今、業界の景気が上向いている感じを受けることと、2020年の東京オリンピックに向けて翻訳需要が高まり、売り手市場になっていく可能性を考えると、単価相場も上昇していくのではないかと期待しています。そんな中、単価上げ交渉を積極的に仕掛けていくチャンスかもしれません。

単価上げ交渉を考える際に考慮すべきこと。

  • 単価ばかりが判断材料ではない。
  • そのエージェントの問合せ開始から納品〜請求処理〜アフターサービスまでに拘束される時間(手間)が少ないこと。
  • 余計な作業時間を必要としない原稿のスタイルであること(煩雑な前処理を必要とするか。取扱いの難しいファイル形式でないか)
  • 簡潔明瞭で付帯業務の発生しない翻訳指示であること(分かり辛く誤解を招くような指示ではないか。文書管理に絡む指示が入ってないか)
  • 仮にそれらの翻訳に付帯する作業が発生する場合、それぞれの作業費が明確であり、事前に提示されること。
  • 打診時、もしくは依頼時に作業内容と報酬額(単価と分量)が提示されること。
  • 依頼時に必ず発注書を送付してくること。
  • 支払いは期日通りに正しくされること。
  • 消費税は正しく支払われていること。
  • 消費税は外税であること。
  • 内税であっても、消費税増税時は増税分を正しく転嫁して単価を上げていること。
  • クライアントのクレームを丸投げしてこないこと。
  • 有益で的確なフィードバックを多く返してくれること。
  • 担当者が信頼できる人であること。
  • ビシネスパートナーとして対等に取り扱っていること。
  • トラブル発生時、クライアントとエージェント側の責任を明確にし、翻訳者へ一方的な押し付けをしてこないこと。
  • 自分がそのエージェントにとって必要とされている翻訳者であるかの自己評価。

つまり、その翻訳会社の取引先評価や報酬以外に得られるもの、そして翻訳案件に費やす時間から算出される時間単価を総合的に判断し、そのエージェントの単価が高いのか安いのかを判断することになるでしょう。単価は高いけれど周辺作業に時間が掛かり、その作業費用を支払ってくれないエージェントだった場合、単位時間当たりの単価を見た場合、とても低いものかもしれません。また、自分が必要とされている翻訳者かどうかの自己判断も大切になってきます。エージェントから見た時、替えがいくらでもいるような翻訳者では、レートを上げる事は難しく、仮に上げても仕事を頼まれないという状況になるでしょう。単価上げ交渉は、仕事量減少(無くなることも含む)のリスクがありますので、取引先をある程度確保できている状態で考えた方がいいでしょう。また、タイミングも仕事の依頼が増加傾向にある時が良いでしょう。

レート上げ交渉における枕詞をいくつか考えておくといいでしょう。

  • 現在取引している翻訳会社の中で一番低レートであるため、お仕事は他社さんを優先させていただいています。
  • XX円以下のレートのお仕事はお請けしないことにしております。

なお、単価交渉は自己責任でお願いいたします(笑)


エクセルを文書作成に使うな

翻訳依頼されてくる文書に、時々、エクセルで作成されたものを見掛ける。1シートが1ページになっていて、文書のページ数分のシートが存在している。そして、1つのセルにダラダラと日本語が書き連れられ、右マージンを超えそうなところで文章がポッキリと折られ、ひとつ下のセルに続きが入力されている。テキストボックス内も、文がポキポキと折られている。もはや、節とか段落とか考慮されているわけもなく、日本語の文字の羅列があちこちのセルに散在しているようなエクセル文書を見るたびに溜息を吐いてしまう。

最近、エクセルをワープロのように使おうという趣旨の記事が、SNSを流れてきた。そして、一斉に複数の翻訳者さん達が悲鳴をあげていた。もっともな話である。そんなものを普及されて、エクセル文書がどんどん翻訳依頼されてきたらと考えると背筋が凍る。

エクセルを文書作成に使うなら、以下の場合に限定せよ

エクセルを文書作成に使用して良い条件は、以下のような場合だと思う。

  • 単発の文書で、今後、改訂されることがない。
  • 翻訳されない。

つまり、自分一人で完結し門外不出ならば、どうぞどうぞ、勝手にお使いくださいということになる。しかし、作成された文書(ファイル)を、後に誰かが改訂しなくてはならないとか、翻訳する可能性があるのなら、絶対にやめた方がいい。

エクセルで作成された文書は、改訂や翻訳に向かない

ワード文書などと比較すると、改訂に伴う作業時間が増大すると思われる。数文字の追加のために、ポキポキ折れた文をさらに別の箇所でポッキリ折って、溢れた文字を次のセルの文にくっつけて、またポッキリ折って…なんて非生産的な作業を何度も繰り返さなくてはならない。極め付けは、ページを跨ぐような事態になった場合、帳尻合わせが大変になる。

エクセル文書を翻訳する場合も、これまた大変な作業になる。全ての翻訳対象文はテキストボックスやセルに入っているので、それぞれのオブジェクトをクリックしては作業をするという繰り返しとなる。つまり、通常より余計な工数が掛かることになる。また、英訳であれば日本語より当然、文が長くなるわけで、そうすると行の長さを合わせるためのポキポキ折りや、オブジェクトに収まるようにフォントサイズを変えたりオブジェクトのサイズを変えたりと、これまた余計な工数が必要となる。加えて、文節とかパラグラフとかといった概念が吹っ飛んでいるので、翻訳ツールとの相性も悪く、翻訳するにも品質保証するにも余計な時間や手間が必要となる。(もちろん、そう言ったことを考慮してシートにいろいろな設定を盛り込んで回避することも可能だが、エクセルで文書作成する人の多くが、そういった技術を知らずに単純に入力している傾向が強い)

翻訳をする立場からすれば、そういう追加作業や付随作業はしっかりとお金を頂戴すれば良いことなのだが、文書作成する側から見れば、余計な費用や時間が改訂や翻訳で掛かることになってしまう。

つまり、改訂や翻訳が必要だと分かっている文書をエクセルで作成するのは、結果的に割高になる

エクセルで文書作成している人は、多分、昔の日本語ワープロ意識が抜けないからだろうと思う。方眼紙エクセルなど、まさしくその最たるもの。ワードの使い方技術を全く伸ばそうとしない人に多いのだろう。エクセルを使った文書作成は、かなり独り善がりなやり方だと言っていいと思う。改訂や翻訳の必要な文書作成は、ワードでおこなうように、自己のPC技術を高めて欲しいと切に願う。


JTF翻訳ジャーナル No.277 2015年 5月/6月号公開

JTF翻訳ジャーナルWeb  

日本翻訳連盟の「JTF翻訳ジャーナル」5/6月号が公開されました。

私のコーナー「翻訳横丁の表通り」

今号は年度初号。AutoHotKeyに関する記事を、松本明彦さんに執筆いただきました。

今号のお勧め記事

特集記事「翻訳の未来を語ろう」です。各編集委員が翻訳への思いを書いています。

無料でお読み頂けますので、皆さん、是非、お気軽にアクセスしてお読み下さい。