翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


第一回放送録画:社内翻訳者「とは、なら、から」

先のブログ記事でご連絡した10月22日放送の「社内翻訳者「とは、なら、から」」は、当方のミスで録画がされておりませんでした。本日、録画目的で再放送を致しましたので、録画を公開いたします。

第一回放送録画:社内翻訳者「とは、なら、から」

ツイートログ

22日は、ユニーク視聴数101、平均で55前後の視聴があったようで、皆様に感謝しております。

第二回放送は未定ですが、機会とテーマがありましたら、実施したいと思います。
もし、こういうテーマで話はできないか?等の提案・要望がありましたら、こちらへのコメント、もしくはツイート下さい。

 

 

 

 

 


スティーブ・ジョブズ1&2のお話し

スティーブ・ジョブズ(1)』 と『スティーブ・ジョブズ(2)』がかなり話題で、1は発売されたものの、インターネットショップでも売り切れ状態。私も入庫を待っている状態です。

待ち切れず、Kindle バージョンの原著を購入して読み始めました。

今回、翻訳者さんである井口さんが、現代ビジネスのUSTREAM番組スティーブ・ジョブズ 最後の秘話」佐々木俊尚(ITジャーナリスト)×井口耕二(『スティーブ・ジョブズ』翻訳者)に出演されて、翻訳にまつわるエピソードをお話されています。

どれだけ壮絶な時間との戦いだったのか、また翻訳アプローチに関してもお話をされているので、視聴してみてください。