翻訳横丁の裏路地

We can do anything we want to do if we stick to it long enough.


2014年を振り返って

うかうかしているうちに、2014年も大晦日になってしまいました。
今年一年を駆け足で振り返ってみたいと思います。

まずは、年初に立てた目標を振り返ってみます。今年の3つの柱は、1) 自己学習、2) WildLight、 3) 翻訳勉強会「十人十色」 でした。自己採点すれば60点くらいの達成度だと思います。

1つ目の自己学習はそこそこできたと思います。テーマは「日本語」でしたので、勧められた書籍を読んだりセミナーに参加したり、可能なリソースは割いたつもりです。お陰で仕事のやり方も大きく変えることができました。2つ目のWildLight は、セミナー開催等も含め、精力的に動けたと思います。遊びがてら訪れた広島や大阪でも話をさせていただきました。WildLight の開発も歩みが遅いながらも、着実に機能追加と不具合修復がされ、まずまずの出来だったなと思います。唯一のマイナス点は、3つ目の翻訳勉強会でしょうか。諸事情で、余り活動できなかったのが残念でした。

今年は、色々と初体験もありました。大きく分けて3つ。1つ目は企業からコンサルティングやセミナーのご依頼を頂いた事です。どうも、私のネット上のイメージが独り歩きしている感がありますが、多少なりともお役に立てたようなので「善し」としています。ボランティア活動なので、できる事が限られてしまいますからね。2つ目は日本翻訳連盟の翻訳セミナーに登壇した事。そして3つ目は外部講師を招いて行った初級ワードセミナーです。

一昨年に力を入れていたUstream/YouTube放送は、今年、殆どできませんでした。少し思うところがあり、積極的に取り組まなかったのですから、当然の結果だと考えています。唯一、Twitcasting を使ったおふざけラジオ放送を不定期に行った程度。やめた訳ではないので、今後も自分の興味の赴くままに放送を行っていくつもりです。

どの活動も、多くの方達との縁とサポートで成し得たものばかりです。つくづく人との繋がりの大切さを感じた一年でした。皆様には今年一年、本当にお世話になりました。ありがとうございました。来年も、新たな三本柱を決め、活動していきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

広告


2014年のブログ統計データ

2014年も翻訳横丁の裏路地をご閲覧いただきましてありがとうございました。2015年も皆さんに役立つ情報を発信していきたいと思います。

WordPress.com がまとめた拙ブログ統計データです。

概要はこちらです。

シドニーにあるオペラハウスのコンサートホールには2,700人が収容できます。2014年にこのブログは約48,000回表示されました。オペラハウスのコンサート18回分になります。

レポートをすべて見るにはクリックしてください。


【アップデート】GlossaryMatch 0.09 用語集エクセルファイル

1年半以上振りに、用語集エクセルファイル「GlossaryMatch」をバージョンアップしました。

なぜ、いまさらバージョンアップなのか?と思われるでしょう。実は、近々、ワードマクロ「WildLight」のマルチ言語対応版(Unicode対応版)である Ver. 2.00 をリリースする予定ですが、Unicodeによる辞書管理を容易にするために GlossaryMatch を使えるように変更致しました。具体的には、WildLight用のテキスト辞書は全て Unicode で出力されるように変更しました。また、「テキスト辞書の読込み」は、従来辞書の Shift-JIS と Unicode の両方を自動判別により読み込めるようにしました。

以上、お役立て下さい。


2/28 SFAオープンスクールでWildLight

来年 2015年2月28日に開催されるサンフレア・アカデミーの春のオープンスクールで、クラスを担当させて頂くことになりました。

WildLightで効率アップ&品質アップ

内容は、拙作のワードマクロ「WildLight」を軸に、翻訳品質チェックの考え方と、それらチェックの支援にどうWildLightを使用するかを具体的なデモを交えて説明する予定です。また、翻訳作業にまつわる周辺作業の簡素化支援への適用もお話しします。

ご興味のある方は、お申し込み下さい。


JTFセミナー終了 (12/18)

IMG_6087-0IMG_6088-0

12月18日、日本翻訳連盟の翻訳セミナーに登壇して参りました。
タイトルは「あなたの翻訳は大丈夫? ~翻訳者による品質保証を考える~」。

今回はセミナーの難しさを痛感。色々と勉強になりました。テーマが「品質」と、どうとでも取れてしまうものを題材とする難しさ。そう言えば2011年の翻訳祭で登壇した時も、今回と同じ苦しみを味わったのを、帰りの電車の中で思い出して苦笑いをしました。あの時もテーマは「品質」。但し、クライアント相手の話をしてくれという指定があり、掴み所のない話をした記憶があります。

今回はターゲットを、翻訳者中心に考えていたのですが、開催直前に受け取った参加者リストを見れば6割以上がエージェントの方。中身の軌道修正を試みたものの、それが却って中身をぼんやりしたものにしてしまったかもしれません。

セミナーの内容は、帽子屋さんが津田ってくれましたので、そのまとめをご覧ください。

このセミナーに先駆け、Facebook/Twitterを介して翻訳者/翻訳関係者の方に、「あなたの翻訳の品質保証について教えて下さい」と題したアンケートを取りました。その質問の内容は、以下の2点です。

  1. ご自身の翻訳品の品質を向上/保証する為に、何をされていますか?
  2. そのために、何かツールをお使いですか?

このアンケートに回答頂いた人の内訳は以下の通り。

回答者の種別

フリーランス、社内を問わず、ほとんどが翻訳者とチェッカーの方でした。

設問に対する回答結果は、以下の通り。


翻訳者アンケートによる翻訳物チェック方法

Facebook/Twitter での募集によるアンケート(2014/11/25~12/08):回答者60名
チェックシート
自作チェックシートに基づくチェック(類似ミスチェック) 漏れ防止
自己多重チェック
寝かせてからチェック 客観性の演出
必ず印刷してチェック 客観性の演出
訳文の音読 音感の利用・客観性の演出
機械読み上げチェック 音感の利用・客観性の演出
チェック前の気分転換 客観性の演出
他者多重チェック
NDAに抵触しなければ家族に読んで貰う 客観的視野
ネイティブチェックを入れる プロの視野
チェック作業を外注する プロの視野
支援ツール使用:Easy to Notice
ツールでチェック 機械化・チェック支援
ワードの検索機能を使って訳文統一のチェック 機械化・チェック支援
エージェント支給のチェックツール 機械化・チェック支援
原稿と訳文をクロスチェックしマーカー付け(訳抜け防止) Easy to Notice
時制を色分けチェック Easy to Notice
機械化・自動化
翻訳支援ツールのQA機能 機械化・自動化

翻訳者アンケートによる使用ツール

Facebook/Twitter での募集によるアンケート(2014/11/25~12/08):回答者:60名
No ツール名 件数 リンク・備考
1 Trados 14
2 Word のスペルチェック/校正機能 9
3 xbench 7 http://www.xbench.net/
4 JustRight 6 http://www.justsystems.com/jp/products/justright/
4 WildLight 6 http://wordwildlight.wordpress.com/
6 秀丸エディタ/マクロ 5 http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html
7 ちゃうちゃう 3 http://chaw-chaw.com/
8 JTF日本語スタイルガイドチェッカー 2 http://www.jtf.jp/jp/style_guide/stylechecktool.html
8 Kwic Finder 2 http://ebstudio.info/home/KWIC.html
8 PASORAMA 2 辞書
8 色deチェック 2 http://www.taiyaki-align.com/
8 エージェント支給のツール 2
8 読み上げソフト(しゃべるんです/電子かたりべプレーヤー/詠太) 2 http://www.knowlec.com/?page_id=268
14 ATOK 1 http://www.atok.com/
14 AutoCorrect Booster 1
14 Felix 1 http://jp.felix-cat.com/
14 FUGO 1 http://www.clockahead.com/soft/fugo/
14 Ginger 1 http://www.getginger.jp/
14 Google 翻訳 1
14 IME 1
14 iTOME 1 http://translatorsmacro.jimdo.com/itome/
14 Jamming 1 http://dicwizard.jp/jamming.html
14 logophile 1 http://dicwizard.jp/logophile/
14 SimplyTerms 1 http://homepage2.nifty.com/buckeye/software/transtools.htm#simplyterms
14 The翻訳 1 http://pf.toshiba-sol.co.jp/prod/hon_yaku/index_j.htm
14 一太郎の校正機能 1 http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/
14 対訳君 1 http://www.mcl-corp.jp/software/s_main.html
14 内製ツール 1
14 ぱらぱら 1 http://www.para2translation.com/
14 山猫の爪とぎ 1 http://www.yamanekonote.com/
14 ワードマクロ 1
32 使用していない or 無回答 7

以上、御参考です。